FC2ブログ

山陰中海圏「ハコ」ロマン(1)

こんにちは。ぶらすたーきっどです。

ほんとに、やばいくらいプライベートがありません。
首都圏の緊急事態宣言も解除の兆しが見え隠れし、世の中一気に解放ムードに突入しそうですね。
物事、急に動き出すと、支えきれないシステムは多々あります。
きっどのような中年の、綱渡りのような暮らしもしかりです。
春の気配のごとく、緩やかな移ろいを願うばかりです。

建築家、菊竹清訓先生の本記事に、ようやく移ることができました。
現在、島根県立美術館にて開催中の「菊竹清訓 山陰と建築 展」を拝見してまいりました。

中海圏に点在する、個性的な菊竹建築。

レトロなのか先駆的なのか、いまいち判別しづらいものの、どこかワクワクするようなアンシンメトリーが魅力的な建物は、移住してほどなく目に留まるようになります。
お世辞にも建築過密都市とは言えない中海圏の、そのゆったりとした景観のなかで、ふと存在感を表している建物が、まさに「菊竹作品」だったりします。

相も変わらず建築については門外漢ですが、菊竹先生と山陰とのゆかりについて、拙いながらご紹介できればと思います。

菊竹 清訓 (きくたけ きよのり、1928年4月1日 - 2011年12月26日)先生は、いうまでもなく日本を代表する建築家、工学博士です。
1960~70年代にかけ 「メタボリズム」=新陳代謝する建築。といった、社会の変化や人口の成長に合わせて有機的に成長する建築を提案しました。
まさに、生き物のように最長してゆく「都市」の在り方も、この「メタボリズム」の考え方が基にあるような気がします。

きっども、山陰とご縁のある先生という認識が全くないころ、日本のあちこちで訪れていた有名な建物が、実は菊竹建築だったというものが多々あります。

・川崎市民ミュージアム
・江戸東京博物館
・東名 海老名SA
・吉野ヶ里歴史公園センター
・九州国立博物館

などが、実際に訪れた建物です。

また、父親世代の会話などで出てくる有名なものは
・大阪万博 エキスポタワー
・沖縄万博 アクアポリス
などが代表にあがると思います。

これだけでも、驚くべき建築経歴の先生なのですが、どういうご縁で、山陰の建築を手掛けられることになったのでしょうか?

続きます。

菊竹清訓 山陰と建築展 図録

菊竹清訓 山陰と建築展 図録チラ見せ



スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
112位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!