FC2ブログ

山陰中海「ハコ」ロマンチック(プレ記事)

こんばんは。ぶらすたーきっどです。

怒涛のような2月、3月。

こうまで雑務で手が回らない早春も久しぶりです。
大したも用でもないくせに、半日立派に拘束される事案が、手帳にびっしり。
よく見ると、自粛の限界や反動で、弾けたい衝動にかられた周辺勢力に付き合わされているだけの感もあります。

たしかに例年であれば、春先のウキウキに突き動かされる時期でもあります。
でも、それはあくまで「例年」。
惑わされないようにしなくてはいけません。

ようやくといいますか。。。久しぶりにブログを構っております。
まだ、いろいろ整理もできてませんので、再び「プレ記事」から始めさせていただき、本記事へと移ろうと思います。

さて、まずはタイトルの「中海」について、山陰マメ知識です。
「なかうみ」「ちゅうかい」とは、両方の読みが可能の、鳥取県西部、島根県東部の県境に横たわる汽水湖の呼称です。
同時に、中海、宍道湖を一つの観光産業資源と考え、それに接する、5市7町村の自治体は「中海圏」という、県を超えた観光・経済パートナーシップを設けています。
そこだけ、比較的文化親和性のある、ユニークなエリアと言えます。

今回「ハコ」と表現させていただいたものは、ベタではありますが「建築物」のことです。
そして、この中海圏でも数々の建築を残された高名な建築家、故「菊竹清訓」先生の展覧会が、まさに宍道湖の岸辺で開催中でしたので、なんとか時間を割いて見に行ってまいりました!
なので、次回より、山陰、特に中海圏での菊竹先生の建築について綴ってゆこうと思います。

続きます!


追伸と余談

当記事と全然関係ありませんが、山陰のハコ。。。といえば、最強怪談の呼び声高い「コトリバコ」を連想される可能性も考えました((( ;゚Д゚)))
当ブログでも怪奇カテをがっつり用意しておりますので、いずれ綴れたらとも思います!

ちなみに、モデルとなった集落は、この中海圏に含まれて。。。。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
112位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!