FC2ブログ

糖が足りぬ!もっと糖を!!

こんばんは。ぶらすたーきっどです。

立春も過ぎ、例の疫病自粛自体、冬に置き去りにしたい欲求に駆られるのでしょうか?
なにやら、周辺もざわざわと動き始めてまいりました。

まず、お隣に住まう若旦那さまが、ご結婚されました。
この困難な局面を乗り越え掴んだ幸せは本物です。お幸せに!
(すみません。備忘録も兼ねますのでw)

きっども、東京展の出品準備に追われる中、地元美術会派の活動などと並行し、立春早々、絵画修復の仕事が舞い込んで来ました。
う~ん。なんでだろう??
慣れないことではありますが、技術の全てを尽くして対応いたします。

そんなこんなで、血糖値が下がりまくってしまい、ダイジョブかな?と思いつつも、甘いものをバリバリ食べて乗り越える日々が続いております。

以前にも書きましたが、甘いものが切れると、肘のあたりがフルフルする禁断症状が出ます。
BMIと相談しながら、可能な限り、甘いものと良好なおつき合いがしたいと思っています。

さて、山陰・島根には、(個人的には)無二の存在だと思っている、郷土菓子があります。

よく、物産店や郷土土産売り場などで、伝統菓子、郷土菓子などとして、「百ン年の伝統」。などのストーリーとともに置かれているお菓子が多く存在しますが、案外どれも既視感があり、「薄皮に白餡」とか「きな粉に求肥」とか、全国的にもポピュラーな素材とお味だったりします。(それはそれで、安定のおいしさなのですが・・)

ところが。島根県、出雲の西部、「出西」には
「なぜか昔から知っているような気がするのに、めったに口にすることができないと感じる」
まさしく無二でレトロな感じの、美味しい砂糖菓子があるのです。

それが「生姜糖」です。

よく、生姜スライスの砂糖漬けもそう呼んだりしますが、ここでご紹介したいものとは異なります。

溶かした白砂糖を、絶妙のタイミングで銅の型に流し込み、板の形に仕上げた至極素朴な菓子です。
一口サイズに割って口に放りこみ、まずはポリっとした歯ごたえを楽しみます。
と、その直後、砂糖の板がさっくりほどけて、混ざり気のない砂糖のうまさと、まろやかな生姜の風味が広がります。

ああ、幸福の甘さ。

なんでしょう?
手作りなので、そうそうどこでも大量に手に入るものではないのですが、大昔から知っているようなお味なのです。
特に、関東生まれのきっどには、とんとなじみがないはずです。
不思議ですね。

出雲周辺の物産店で取り扱ってます。
ネット通販もありますが、それなりにお時間の余裕が必要そうです。

全国に誇れるお菓子ですよ! ぜひお味見してください!

ちなみに案件ではありませんw

出西の來間屋生姜糖 レトロで魅力的なパッケージ

出西の來間屋生姜糖

↓お店の情報はこちら
來間屋生姜糖本舗HP
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!