FC2ブログ

この天を回らすために。。。大津島(4)

続きです。

大津島に回天訓練基地が開隊され、初めて集められた搭乗員は34名。終戦時までに訓練を受けたのは、(途中増設された、同県光基地などを含め)合計1375名といわれています。
大津島での訓練は、ここで書くまでもなく厳しいものであったようです。
操作は複雑で、海中に潜む危険と隣り合わせ。訓練中の殉職もありました。最大限に訓練機を回すため、整備は徹夜で行いました。
初めての回天出撃は、昭和19年11月8日になりました。航空機による特攻は、この少し前より始まっていたといわれます。
出撃地は西太平洋カロリン諸島ウルシー環礁、パラオ諸島コッスル水道と決定。徳山湾に碇泊させた3隻の伊号潜水艦が母艦となり、これに回天を搭載し、目的地まで運びます。
12名の搭乗員が母艦に乗り込み出撃。回天隊は皆、帰ることはありませんでした。

以降、終戦まで、グアム、硫黄島、沖縄などに出撃。
搭乗員106名(事故、自決、母艦の沈没などを含む)が戦死、平均年齢は20.9歳でした。 また、整備員たちを含む、作戦関係者を合わせると956名が戦死しました。

以上、ざっくりしすぎるとは思いますが回天について触れさせていただきました。

探訪を続けます。

高速船に同乗していた小学生の一団は、別方向へ分かれてゆきました。
島の西岸に立っているのは、きっどだけ(正確には、すり寄ってきた猫が1匹あり)になってしまいました。
目の前の湾は、いたって穏やかですが、当時は物々しかったでしょう。
きっどの郷里横須賀も海軍工廠がありました。鉄とコンクリによる錆色の世界が、ふとフラッシュバックしてまいります。

回天をより具体的に記すため、時系列を変えて、先に記念館の回天レプリカを載せたいと思います。
回天は、伊号潜水艦の後部甲板に4基ほど括り付け運ばれたそうです。
敵艦が碇泊艦か、航行艦で攻撃の段取りは異なるようですが、大体20~40Km手前で、回天は母艦と切はなされ、乗員は海中を目標へ近づけます。
回天記念館前のレプリカ

回天記念館前のレプリカ

途中、2km~0.5km手前で潜望鏡(水防眼鏡)による最後の確認をしたのち、携帯するストップウォッチを見ながら一気に突っ込みます。
操縦中は外の様子が見えないので、観測データで爆発命中までの秒数を算出しておきます。
ストップウォッチが、その時間を過ぎても何も起こらなければ失敗。
攻撃の成功については。。乗員であれば誰もそれを確認することはできなかったと考えられます。
右 水防眼鏡 このすぐ下に乗員席がある。

続きます。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
102位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!