FC2ブログ

きっど、地元に内緒で宍粟市に惚れる。(6)

続きです。なんとか終わらせます。

米子に帰ってほどなく、一通の葉書が届きました。 一読したきっどは絶句しました。
宍粟市美術展で大きな賞を受賞したという知らせ。 ならびに展覧会最終日の表彰式への招待でした(@゚Д゚)

「うれしい。。。。でも素直に喜べない。。。。。」

本来的には、宍粟市民のお祭りです。水を差したのではないだろうか。。。。
米子美術展に貢献してないのに、県外で栄誉を拝受したというのもいかがか。。。。。

きっどの蚤の心臓は、困惑しきりです。当座は地元に内緒で、今後メッセンジャーとなるべく日に備え、カードとして持つしか無いと思いました。

あっというまに、10月下旬、宍粟市美術展開催。11月初旬最終日を向え、きっどは宍粟市に向いました。
まずは、第三次赤西渓谷取材。宍粟中心部の最上山公園の紅葉祭りは11月下旬ですから、ここもまだ、本格的紅葉ではありません。が、色彩はいよいよ中秋。下絵の推敲を行いますが、取材としてはこれが最後になりそうでした。
午後も遅く、きっどは防災センター内 美術展会場に居りました。
表彰式開始までの空き時間で、初めての宍粟市美術展を拝見しました。
再び絶句しました。地方美術展とは思えないレベルの高さでした。
何気ない日常の景色の中の明るい色調、木々や水面の表情。参考となる風景画も多く、そして、まるで美大で学ばれたかのようなハイセンスの人物画。
よくもまあ。。。こんなハイレベルの中で戦ったものです。。。
自分を褒めるなら今でしょう。

表彰式では、ちんまり座って過ごしました。しかしながら、主催の言葉には襟を正しました。市長を初め、自治体、文化団体、知識人、社会奉仕クラブの身を切る協力を知りました。 
米子で、なぜか滅ぶ気配のない文化無駄宣言を重ねる議員達(本当に居るのです。それを支える市民も・・・)に見せてやりたい。。。そして言いたい。文化とはこのように育てるものですよ。。。と。

宍粟市美術展は無事終わりました。作品撤収に再び展示会場に戻ります。
「おつかれさま。」「すばらしいですね。」 参加した皆さんが温かく声をかけてくれました。
「どんな筆をお使いですか?」 あのハイセンスな人物画を描いた。。しかもお若く美人。の女流作家さんもお声がけくださいました。
しどろもどろの対応お許し下さい。「きっとまた会場でご一緒しましょう。」それしかはっきり言えませんでした(ノω`*)
良かった。皆さん温かい方々でした。すばらしい展覧会でした。
いつか、赤西の絵をお見せしに、再び訪れることを誓うのでした。

終わります。

宍粟市の観光案内がやりきれなかったのが残念です。
きっどが周った観光地をリンクします。再訪の記事で必ず記載いたします!

→波賀城 ウィキペディア
復元の二層櫓から見るパノラマ凄い!車で山頂。そこから、少しだけ尾根をアップダウンし本丸へ。

→最上山もみじ公園 しそう森林観光協会
酒蔵通りがふもとに。とぐろを巻くように上へ伸びてゆく丘陵公園で、これがぜんぶ紅葉したらきっと圧巻!ふもとの弁天池はパワスポ!

→音水渓谷 音水湖 ウィキペディア
前述したように、渓谷は南下ルートでは案内無し。入り口細く、集落を抜けてゆくので注意。湖はカヌー遊びがたのしそう。

揖保川
因幡街道に沿う。アユ友釣り発祥の看板有り。山崎の岸辺から豊かな清流を眺めれば、気分は黒田官兵衛。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1456位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
112位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!