FC2ブログ

東京きっど・ DOLL、建築、中央アートに酔う。(2)

続きです。

「人・形展」で、久しぶりに良い刺激を受け、ぽやんとしたまま用事のため移動。この日は終わりました。

翌日、米子復路ANAを最終便にしましたので、2回目の余裕時間あり。上野近くの「湯島」を訪れました。
ここの「国立近現代建築資料館」で開催中の「安藤忠雄初期建築原図展」を見るためです。
建築については、門外漢で理解の外にある分野ですが、イメージスケッチという全くの絵画的思考から始まり、精緻な工学へ変容する行程があったりして大変面白いと思っています。(本業のかたはそれどころではないかもしれませんが)
パースなどのお仕事をいただく際に多少触れますので、この際、一流の建築家のお仕事をぜひ見たいと思いました。

資料館は、湯島合同庁舎の敷地内とのこと。庁舎の無機質なゲートを潜ろうとしますと、こわもての守衛さんが「待って」をします。
「名前と行き先、入庁時間の記入。バッチをつけて。」
「えええっ?」平日の公共施設で、しかも展覧会開催期間中にこんな厳戒体制?
あとで知りますが、この施設はあくまで知財保管庫。自由な立ち入りは基本NGということが理解できました。
しかし、そこかしこで守衛さんが目を光らせています。まことにお疲れ様なのですが、作品鑑賞というより、資料閲覧に近いのかな?なんて身構えてしまいます。
さて、本庁舎裏手のモダンな別棟に辿り着きますと、「安藤忠雄展」のポスターが。
展示館というより、なんだかトマソン地帯のような入り口をおそるおそる抜け、2階の会場に足をふみいれますと。。
「おおっ!すごい!」
体育館なみの大ホール壁面一杯に図面。いたるところに建築模型。中央のガラスケースはサークル状に広々並べられ貴重な資料。さらに内側には、製本青図の展示台がまたサークルに組まれています!
しかも、テラス状に作られた2階展示場は、図面をアート作品にまで昇華させた別展示が組まれています。
これが、入館料無料!! まったく東京の公共というやつはなにをしでかすか分かりません。
しかしながら、これすべてが安藤先生によるものというのが驚愕のひとこと。
安藤忠雄先生については恥ずかしながら、コンクリート打ちっぱなしの外観、六甲の広大な斜面のマンション(?)、東京五輪のすったもんだ。くらいの知識しかありませんでしたので、正直、「一流のよくわからない先生」という認識でした。
さあ、これからその認識を改めるべくじっくり拝見したいと思います。

続きます。ミニ写真は次回にでも。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます(*^^*)

東京出張お疲れさまでございます。
ワタクシも北海道に来てから、たまに東京に行くと、あの喧騒や人混みも懐かしく感じられます。

今年もよろしくお願いいたします!

エンジェルお町

あけましておめでとうございます!

やまN。。。もとい、エンジェルお町様w。

こげな辺境のブログにありがとうございます!
今年もよろしくお願いいたします。

北海道も厳冬の日々でしょうね。冬の北海道には一度だけ行きました。
山陰も寒いですが、水木しげるの自伝などに描かれる豪雪の風景は減りつつあります。

出雲なら、期限つきですがJAL直行便があったと思います。
トラウトの良ポイントは勉強不足でわかりませんが、いつか、いらしてくださいね!
プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!