FC2ブログ

晴明・道満~謎の赤碕塔(1)

~わが名は加藤保憲。古代の陰陽師 役小角、安倍晴明らの末裔・・・・我を崇めよ・・・!

ということで、全国の安部晴明ファンの方々、申し訳ありません。ぶらすたーきっどです。

今回は「安倍晴明」を扱おうというのに、お恥ずかしい。。きっどが、そらで扱える知識は↑こんなものでございます。

陰陽師、安倍晴明については本当に知る機会がなく、荒俣宏著「帝都物語」で、ダークヒーロー加藤保憲の出自で触れられ、始めて知った次第です。
当然、オカルト好きでありますから、今に生きる秘儀・まじないなどを本屋の棚で知ることもありましたが、複雑な歴史に紐づけられるこれら陰陽術の類は、理解できるまで時間を要したことになります。

さて、冒頭のセリフは、映画番宣で加藤保憲が見得を切ったときのものです。
この時、役小角の名前も登場するのですが、頭の悪いきっどには、役小角と陰陽師の関係が、いまいち理解できないままです。(帝都物語にそのくだりがあったか調べたかったのですが、移住断捨離の的になった覚えがあります。)
まず、双方、活躍した時代が異なります。
また、役小角は、山野を舞台にした法力の使い手。片や晴明は、朝廷に仕える卜占師。ランボーと007ほどのイメージ差がぬぐえません。

フィクションを交えることを前提に言える共通点があるとすれば、双方怪しげな術を駆使するところでしょうか?
有名どころで言えば、鬼を使役することが出来た。また、超自然的パワーを操ることができた。などがあると思います。
歴史家さんの、「かもしれない話」を聞くと、もっともらしい共通点として。「賀茂氏」の存在があげられるといいます。
役小角の出自、そして、平安時代の陰陽寮を司どった、共通の一族が「賀茂氏」。晴明の師匠が、賀茂姓だとされます。
ですが、いかんせん大昔の資料から怪しいエピソードを交えながらの読み解きとなるのでしょうから、確かなことがわかるのは、まだまだ先となるのかもしれません。

さあ、そんな陰陽師の発生に迫る(かもしれない・・・?)文化財が、我が鳥取県に残っている。。。などという、なかなかのミステリーを内包したニュースが、先日の新聞に掲載されていましたのでご紹介いたします。

その文化財とは「花見潟墓地の赤碕塔」です。

続きます。
スポンサーサイト



光の丘~世羅の防蛾灯~(3)

続きです。

西日の力が弱まりました。
本日の行動限界を考えますと、取材は、日没直後の少しの間。本当の深夜取材の敢行には、休日と宿を取るなどスケジューリングが必要ですので、なかなかきっどには手が出ません。
取材後、直ちに米子へ帰る予定です。あわただしいですが、多少無理でも、日帰りできるのはありがたいことなのです。

スマホで調べた日没時刻が近づきました。山陰は、残照の時間が長く感じますが、山陽は早いかもしれません。
車を発進させ、世羅市街を後にしました。

フルーツロード沿いで、先ほど目星をつけた所に車を停めました。ニュースで紹介される夜景スポットは、50メートルほど先の鞍部を超えたあたりのはずです。
薄暮が藍色へと暮れてきました。カメラと、スケッチブックを携え、車を降り歩き出しました。
街道の鞍部は、私道が上に立体交差しています。その私道(農園の農道)の上からの眺めが、鑑賞にはうってつけのようです。そこにはすでに三脚を構えたカメラマンの姿がありました。
夜景鑑賞が始まっているようです!きっども歩を早め、街道の鞍部から農園全体を見下ろしました。

「おーっ!!きれいだ!!」
眼下に梨農園が広がっていました。しかし、昼に見るのとは違い、暗紫色の見渡す限りの丘陵が、黄色の光点で埋め尽くされていました。
まるで丘全体が光に包まれているよう。。。この光景が防蛾灯の生み出す夜景です。

防蛾灯とは、害虫の嫌う光線を出す、投光器みたいなもののようです。

暮れたばかりの夜空は、まだ赤い部分を残しています。黄色光の群れが地形を彩り、何とも言えない幻想空間を作っています。
カメラマンのいる私道に上ろうと考えましたが、農園に許可を得ていないので控えました。
土手を少し登って写真を押さえつつ、どうやって絵にするか考えます。
きっどは夜景も描くので、そのために鍛えた脳内フォトショップがフル稼働します。
まずはスケッチ。法面の樹木を中心に構図を動かし、エスキースします。カメラマンではないので、光線ブワーみたいな凄い写真は撮れません。部分部分のサンプルだけ撮影します。
スケッチブックが、ほぼ見えない暗さに覆われた時点でタイムアップ。取材終了となりました。

この記事を書いている合間に、今年は果樹園の果実盗難の事件多発などというニュースも飛び込んできました。
農家の方々は、敵は天候でばかりでなく、人間も含まれる時代になってしまいました。
この美しい夜景の陰には、農家の方々の壮絶なご苦労があることを改めて感じます。全国のフルーツロードが、汚らわしい盗人に凌辱されないように、また、素晴らしい収穫があり続けますよう祈ります。

終わります。

一応、写真を上げますが、コンデジ撮影なので、露出が偏り、お見せできる写真にならず残念。
世羅 防蛾灯の夜景スナップ

↓本格的な写真を、ぜひこちらからご覧ください
●Google画像群
●広島観光ナビ

光の丘~世羅の防蛾灯~(2)

続きです。

世羅という場所については詳しくありませんでした。島根県松江市から広島県尾道を通す、通称「尾松道」という高速道を利用すると、尾道JCの少し北側でこの名のICが現れるのを知る程度です。
やや並行する下道では三次(三良坂)、吉舎、ときて、次に現れる市街地くらいの知識しかなく、いざというとき迷わないよう、早めに現地入りすることにしました。

米子道、尾松道については1車線部分も多く、いまだ煽り運転が散見されるので走らないようにしています。
良く晴れて取材日和でしたが、中国地方は相変わらずの灼熱に見舞われました。
庄原のスーパーマーケットで昼の弁当を買い、三次をショートカットして南下する街道脇で、それを頂きました。
夜勤開けでしたのでそのまま木陰の車内で仮眠し、3時ごろ出発。三次から尾道を通す国道184号線に、ほどなく合流しました。

やがて現れる吉舎の市街には、たまにですが立ち寄るラーメン屋があるので、そこで早目の夕食を済ませるつもりでした。

吉舎支所の近く。ここに道の駅的な立ち寄りスポットがあり、車を入れます。この一角の尾道ラーメンがわりと好みに会うので、ちょっと楽しみにしていました。
ところが「定休日」の看板。
みると、週の半分くらいは定休のスケジュール表が掲げられています。コロナの影響でしょうか。以前は違ったと思うのですが。
それならばと、世羅の市街地で夕食を取ることにしました。

一旦、目的の夜景スポット近くまで行ってみます。
世羅地区まで南下すると、ほどなく国道から「フルーツロード」へ分岐します。
そちらへ車を進めると、気持ちの良い丘陵の農園地帯が広がります。
「花のえき せら」や、「せら夢公園」などの案内板が見えます。
まだ日差しが明るいので、ニュースなどで見る夜景スポットと現地がリンクしませんが、駐車スペースや大体の場所を把握し、世羅の市街へ車を向けました。お腹が空いてきました。

世羅の市街地はけっこう大きい店も多く、にぎやかに思いました。
市街の南の山の上に、お城(展望台?)がちょこんと見えます。
食堂を探しはじめた矢先、ふと地場のスーパーマーケットが目に留まりました。
「ショージ」
なかなかのネーミングです。こういうのに引っ張られるのがきっどです。
なじみのないスーパーマーケットは、ワクワクします。特に惣菜は、見慣れない分、意外な好物が詰められたりするので、物色に力が入ります。
惣菜を数点買い、定食風にして、またまた車の中で食事にしました。夕食でしたが、車なのでお酒が飲めないのがつらい。
うだるような暑さは、日が傾いてきても続いていました。

だらだら書きました。
久しぶりの探訪記なので、自分だけ楽しくなっちゃいました。
よーくわかっているのですが。。。w すみません。

続きます。

光の丘~世羅の防蛾灯~(1)

こんばんは。 ぶらすたーきっどです。

お盆を過ぎ、夏もピークを過ぎたころ、わが鳥取県では全国に誇る農作物の出荷準備に大わらわとなります。

ご存じ、「20世紀梨」です。

フレッシュで歯触りの良い、唯一無二の梨の存在は、鳥取に住まうことなど夢にも思わなかった幼少の頃より、なぜかとてもなじみ深いものでした。
その昔、郷里神奈川では、なぜか頻繁に、
♪「鳥取の!~20世紀・梨っ」♪
のTVコマーシャルが流れていたのでした。
なぜに遠く離れた神奈川のテレビで鳥取県果実連のCMが流れ続けていたのか、今となっては知る由もありませんが、鳥取には砂丘の他に20世紀梨というものが自慢なんだあ!ということは、とうの昔に掌握していたことになります。

郷里神奈川でも、梨の産出を誇る場所があります。
「川崎市」です。
川崎市多摩エリアの梨は「多摩川梨」としてファンも多く、梨園においては種類も豊富です。早めに味わえる幸水や、豊水、20世紀も作付けされています。
神奈川のカルト番組「saku saku」では「多摩区のうた」で
♪「ゴ.・ゴ・ゴ・ゴールデン梨~!ゴ・ゴールド!~
 (登戸へ  宿河原  中野島)
~ゴ.・ゴ・ゴ・ゴールデン梨~!ゴ・ゴールド!♪
 (よみうりランド 生田へも 稲田堤)
※何のことかわからないと思うのでスルー願います(;_;)
と、高らかに歌い上げられています。
梨が好きな身としては、いつも近くに素晴らしい産地があり、これ以上の至福はありません。

さて、こちらに移住して落ち着いてくると、岡山、広島における中国山麓は、フルーツの楽園であることがわかってきました。
もっとも、近年になって、自治体が果物を使って全国PRに力を入れだしたということもあると思います。
そんな働きのおかげで、この季節、目移りするほどに中国山地の果物が目白押しになります。

ただ、そうした果物の魅力紹介は別の機会に回します。
今回は、毎年この時期になるとニュースで紹介される、広島県世羅郡のとある農園の夜景スポットを記します。
ずっと気になっていたきっどは、やっと先日そこに出かけてみることが出来ました。

向かったのは、広島県世羅郡のフルーツロードです。

続きます。
プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
102位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!