FC2ブログ

GKB来襲譚(2)

続きます。

しばし途方に暮れてしまいました。
死骸が残ることを覚悟で殺虫を施し、万が一の際には分解して取り出すとか。。。
しかし、こういう家電は、分解されることを前提としていないので、大概にして元通りには組みなおせないリスクが加わります。
そのとき、青ざめて成り行きを見守っていた妻が、きっぱり言いました。
「トースター。捨てようよ!」キリッ!

驚愕の提案でした。
が、直後にきっどはしみじみ感じました。
女性の決断は実に潔いものだと。。。

その提案には、ごもっともな側面があったのです。
このトースターは、ここ数年で焼けむらが酷くなっていました。蓋もゆがんでピッタリ閉まらず、底板は錆が浮いていました。
確かに変え時だったかもしれません。しかし、実はこのトースターは新婚時に購入。神奈川から鳥取への大移動にも耐えた、思い出の品なのでした。
24年間、休まず我々夫婦の食卓を支えてくれました。
きっどの感傷で、だましだまし使い続けていた感があります。

こういう状況に、男は変な感傷にひたって、なかなか決断できません。
そこを、妻が決断したのです。GKBを道連れに、引導を渡してやろう。と・・・

複雑な気分でしたが、反論の余地はありませんでした。

早速、ケーシングに目張りを施し、GKBを封印。
ゴミカレンダーで、家電ゴミの出し方を確認します。
米子では、電源コードを切り離して不燃ごみとできることがわかり、コードのカットで最後の引導を渡すこととなりました。

24年間本当にありがとう。
火を噴くとか、料理が丸焼けになるとか。トースターの尊厳を損なわないうちにお別れ出来て、かえって良かったかもしれないと思いました。

事が落ち着いたのを見計らい、きっどは、押入れの奥深くからある物を引っ張り出しました。

4年前の夏祭りのくじ引きで引き当てた、新品のトースターでした。

(今日逝った)古いトースターが交換できると、喜んで持ち帰った景品でしたが、何となく交換できずにそのままになっていました。
あれから4年間、古参のトースターは頑張り続けてくれていたことになります。

GKB、ただ1匹の来襲から、24年の走馬灯を見た休日の朝でした。

終わります。
スポンサーサイト



GKB来襲譚(1)

こんばんは。ぶらすたーきっどです。

先日、GKBに襲われた。という、どうでもいい記事です。

我がアトリエでも、この時期になるとGKB(ゴキ〇リ)の侵入に悩まされます。

我が家の周囲は、若干の住宅密集地域ではあるものの、3方を緑の空き地に囲まれていますので、遭遇するのはチャバネ系のおとなしいものがほとんどです。
郷里などではほとんどお目にかからなかったチャバネ系のやつは、庭に出現します。
光の加減などで金色に見える時もあり、こいつは奇麗だな。。。と、思えなくもないこともないような気がするときもあります。

しかし、この時期、奴らは確実にやってくるのです。換気のため窓などを開けているといつの間にか部屋の中に。。。
あの黒い奴が。。。

先日、夜勤が開け、お腹を空かせて帰宅しました。
妻の休日だったこともあり、共に朝食を摂るためキッチンで支度を始めた矢先。
「でた!」
シンクの上あたりから、黒いGKBがパッと飛翔したのです!
「行ったぞ!」
GKBは部屋を対角線に横切り妻を目掛けます。
そして、あろうことかパンを焼くためにセッティングしかけていたトースターの庫内に、ひらりと入り込んでしまったのです!
「なんと!!」
きっどがトースターに飛びついた時には、奴は庫内からタイマー類の収まる機関部への隙間へと侵入してしまったのです。

慌てて、トースターの蓋を閉め、レンジ台の背面に押し込んだ電源コードをあたふたと引っこ抜きました。
そのままトースターを庭へ運び出し、ひっくり返して奴が逃走するのを待ちました。。。。
が、、、出てきません!
逆さに揺さぶっても、出てくるのはパンくずのみ。分解も考えましたが、ケーシングのパネルがネジを使わず複雑に合わさっていて容易ではなさそうです。
殺虫剤噴霧や加熱攻撃は、死骸が中に残るリスクがあります。

「どっ。。。どうしよう。。。」

続きます。

リメンバー ケーシー・ランキン(そして大恐竜時代)(3)

続きます。

タイトル回収をもう少し。

石森章太郎原作の「大恐竜時代」も、いまだコアなファンが存在し続ける、1979年放映のテレビ特番でした。

きっども、大好きな恐竜が暴れまくるアニメ特番ということで、逃さず拝聴。その壮大なドラマにすっかり魅了されました。

ただ、恐竜が暴れるだけの映画ではく、その滅びへのプロセスが、今の人類にとっての警告として享受されます。

後半は、完全にSF仕立てですが、人類が暴力をふるうことによって得られる愛や平和といった、きわどいところまで描き切った作品だったと、今になって思いました。

さて、残念ながら、きっどは石森章太郎・漫画作品がそれほど好きではありませんでした。
当時の特撮ヒーローのほとんどを彼の先生が生み出していることは理解し、そのワクワクを十分堪能していたにもかかわらず、先生のコミックスを一度も手に取ることをしませんでした。
たぶん、佐々木剛じゃない2号や、誠直也じゃないアカレンジャーや、動かないフランソワーズを見る気は毛頭なかったのだと思います。

そして、きっどが色気づいたころは、「ジュン」などの実験作を拝読することになります。
やっと、石森先生の真骨頂・蠱惑的なイマジネーションの世界を堪能することになるのですw

「大恐竜時代」の主人公「ジュン」くんは、この「石森章太郎ファンタジーワールド.・ジュン」の主人公そのものであったと、後になって分かります。
中性的で思慮深く、物静かだが内なる情熱に満ちた男子「ジュン」くんは、きっどが大好きなキャラクターです。
そしてそれは、今まで敬遠していた石森漫画にすんなり導きを与えてくれた、きっどにとっては素敵なお兄ちゃんであったことは言うまでもありません。(声もケン兄ちゃんでしたしw)

それでは、終わります。
最後に、「大恐竜時代」のヒロイン、「レミ」ちゃんのお絵かきソフト絵で〆たいと思います。
王道中の王道美少女! この石森章太郎の美少女遺伝子は、容易に滅ぼすことはできませんw

石森章太郎 大恐竜時代ヒロイン レミちゃん

主人公とともに時間を旅する「レミ」ちゃんにぞっこんとなりました。
こんな美少女と旅ができるなら、T-REXに体当たりして死んでもいい~w

※ 敬称を都合に応じて省略しました。また、自身の回想に応じて、「石ノ森章太郎」ではなく「石森章太郎」と記させていただきました。

以下を参考にしました。
アニメ 大恐竜時代;ウィキペディア
石森章太郎;ウィキペディア
漫画 ジュン;ウィキペディア

リメンバー ケーシー・ランキン(そして大恐竜時代)(2)

続きです。

きっど世代においては、すでにケーシー・ランキンはドラマ・アニメ主題歌、CMソングのヒットメーカーでありました。

すこしお兄ちゃん世代になると、「俺たちは天使だ」や、「探偵物語」の主題歌で有名なロックバンド「SHOGUN」のメンバーとしての存在が印象深いと思います。
芳野藤丸らが主要となっていたこのときの「SHOGUN」が、活動としては一番めざましかったかもしれないですね~。
ただ残念ながら、きっどは若干の世代のずれによりその姿を見ることなく、CMやドラマなどの提供曲から、その名を知るにとどまっていました。
しかしながら、「太陽は沈まず」、「大恐竜時代」、「黄金の犬」などの楽曲でケーシーの名を見るたび、確かにきっどはこのミュージシャンのファンなのであることを自覚するのでした。

初めてそのお姿を見たのは、何かの深夜番組。
歌い手ではなく、ひな壇芸人のようなポジションで出演されていました。なんだったのでしょうかあれはW
初めて見たそのお姿の感想はズバリ。。。。むさい
しかし、日本語でスラスラ受け答えするこの外国人の、なんだかわからないカッコよさは、中二病真っただ中のきっどに相当なダメージを与えたことには違いありません。
数年後、自由ないでたちが許される専学時代には、誰はばかることもなく、ヒゲボーボーをトレンドマークとすることになるきっどなのでした。

日本が好きで、わが国でずーっとカッコいい曲を作り続けてくれたケーシー・ランキン。
2009年に亡くなる直前まで、ライブ活動を続けていたそうです。

本人に出会うことはとうとう叶いませんでした。
お小遣いが自由になった頃からようやくアルバム達を集めました。
世代が微妙にリンクしなかった無念。それでも、初めて知るロマンチックという感情の創始に、かろうじてケーシーがいてくれた奇跡を感謝するのです。

~ケーシーを偲んで きっどのコレクションから~

ケーシー・ランキン(SHOGUN) アルバム「ジャスタス」
アルバム(SHOGUN)「ジャスタス」

ケーシー・ランキン(SHOGUN) アルバム「ジャスタス」より
「ジャスタス」歌詞カードのケーシー。超絶かっちょええ!

ケーシー・ランキン アルバム「コマグラフ」
アルバム「コマグラフ」

ケーシー・ランキン アルバム「コマグラフ」より
「コマグラフ」裏ジャケのケーシー

拙すぎるケーシーの紹介、大変申し訳なく思います。
全ての敬称を省略しました。

続きます。

全ては語れませんでした。以下からもケーシー・ランキンを知ることが出来ます。ご覧ください。
ケーシー・ランキン;ウィキペィア
ケーシー・ランキン Prf ;ピュアレコードHP
SHOGUN;ウイキペディア

リメンバー ケーシー・ランキン(そして大恐竜時代)(1)

こんばんは。ぶらすたーきっどです。

梅雨も明け、夏も本番。
奴(COVID-19)のせいで、いまひとつ開放的な気分ではありませんが、頑張って乗り切りたいと思います。

さすがにこの歳になると、もろ手を挙げて夏を楽しめる気分にはなりません。休みもないし暑いし。。。w
子どものころは、全力で遊べるイベントが目白押しで楽しかったですね。
そのうちの一つが、テレビの特番。
子供向けの番組なら特にワクテカで、録画の出来ない時代、けっして見逃すまいと頑張りました。

そんな番組群のなかで、今でも鮮烈に覚えていて、それでいて何のメディア化もされていないジレンマから、もう一度強烈に見てみたいドラマがあります。
「太陽は沈まず」(1980年)です。
おそらく、同世代にとっては伝説的な作品なのではないでしょうか?
夏休みの放送ではありませんでしたが、それを彷彿させる南太平洋が舞台。友情と勇気、そして冒険。
子供心にがっつり陶酔しました。
主役を務めた坂上忍と歳が重なりますし、主題歌も独立してヒット。本当に印象深いドラマでした。

さて、さっそくこの主題歌のレコードを入手した、当時のきっど。
この歌の作詞の一部を担った「ケーシー・ランキン」なる外人の名に、かすかな聞き覚えを感じます。
歌い手のパティが、気持たどたどしい感じの日本語で歌い始め、サビに”どわっ”と湧き上がる流ちょうな英語で歌いあげます。
切ない感じだけど妙にかっこよく、心に響きます。

そのとき唐突に、この切なさとかっこいい曲調は、過去にも一度味わっていることに気づきました。

過去に聞いたその曲を思い浮かべます。
その歌は、今回とは逆に、優しく流ちょうな英語で始まります。
そして、サビに”どわっと”たどたどしい日本語で歌い上げ、再び高らかに英語で締めくくる。。。。
究極にかっこいい曲だと思いました。
そうなんです。
その歌は、石森章太郎原作のアニメ特番、「大恐竜時代」(1979年)のエンディング曲、「愛ある世界」でした。

昔懐かしい。。。
ビデオがない代わりにラジカセをテレビの前に置き、この、大好きな恐竜の物語を録音していました。
エンディング曲にうっとりしたきっどは、クレジットをどこかで記憶していたのです。
唄;ケーシー・ランキンと!

続きます。
プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!