FC2ブログ

測地レジェンド伊能忠敬、米子に呆れる。(1)

こんばんは。ぶらすたーきっどです。

パース図という、毛色の違うお仕事を受け、少々忙殺の日々を過ごしておりました。

気づけば、半月近くブログ放置をやらかし。。。。
まったくお恥ずかしい限りです。

パース図というのは、建築・開発の現場でなくてはならない存在で、クライアント様の意図を汲み、関係者全員が共有できる完成イメージを描いたものです。
3D-CADが汎用となり、コンピューターが正確なパースを描ける時代ですが、味わいのある手書きのパースも、いまだ多く求められています。

過去記事のごとく、測量設計の現場にいたきっどとしては、パース図というものには心揺さぶられるものを感じます。
特に、地図や製図に関わりたかったので、時間的制約さえなければ、いつまでもこちょこちょ描いていたい絵画です。
なんというか、箱庭やジオラマ模型のような魅力があります。
開発などの実際の現場では、測地データを反映し、構造物が矛盾なくその空間にあるように見せたりと、大変な絵画の仕事です。
その構造物が、地形をリスペクトしたものであるなら、なおさら気を配って作画します。

さて。
地図製作や測量を志す際、日本人なら必ずその存在から多くを学ばざるを得ない、歴史上の人物がおります。

伊能忠敬です。

その、ドラマティックかつ驚愕を禁じ得ない人生と、また、その人となりについて、今更ここで記せるものではありません。
方法論ばかりでなく、測地というものが、いかに崇高で、危険で、魅惑的かを、この偉人がすべて教えてくれたと、きっどは思っています。

伊能忠敬は、寛政12年(1800)から、文化13年(1816)の間の、第二の人生すべてを、測量の仕事にかけました。
現在の千葉県香取市、佐原には、忠敬が前半生を過ごした旧宅が残されており、近くに記念館が建てられています。
そこがまだ合併前の佐原市だったころ、訪ねました。
運河が流れる景観保存地区で、旧家の並ぶ情景豊かな場所でした。

続きます。


伊能忠敬 日本列島を測る

今回の記事を思い至ったきっかけの 伊能忠敬研究会の記念誌。
次回ご紹介します。
スポンサーサイト



船上神社参拝行(4)

続きです。

西坂及び東坂登山道は、この船上神社で合流しています。
比較的利用者の多い、メジャーな東坂ですから、見どころも多くなっているようです。 

歩くとほどなく、「船上山古石塔群」の案内。
看板にしたがって笹薮の中に分け入ると、苔むし傾いた五輪塔がそこかしこにありました。更に少し下ると、「一ノ木戸」と呼ばれる、石垣を通過しました。
これらは、山頂付近にあった室町時代の寺院「智積寺」の寺域を象徴するものでしょう。古石塔群を含め、南北朝時代からの強力な寺社勢力が、長く支配していたことを示す貴重な痕跡です。
船上山 古石塔群(左) 一ノ木戸(右)
古石塔群(左) 一ノ木戸(右)

ただ、古石塔群周辺にも見られたように、整備が行き届いていない現実が寂しくもあります。
人手不足、予算不足、研究者不足は、きっどが逆立ちしても解決するはずがなく、地道に、その貴重さを訴え続けることしかできません。

東坂登山道は広々していて視界も開け、行き交う人も多くみられます。
ほどなく、薄ヶ原と呼ばれる、避難小屋のある人工的な広場へ。行宮跡の立派な石碑があり、船上山ハイキングにおける山上の拠点的な公園と思われます。
ここには、この山を象徴する屏風岩を、圧巻的に望ませる「千丈のぞき」なるスポットへの分岐があるのですが、込み合っているので、ケツカッチンのきっどはこれを諦め、下山を進めることにしました。
薄ヶ原から、急に下り勾配が険しくなりました。このルートは案外易しいとの理解でしたが、ここで一気に高度を稼ぐ場所の様です。つづら折りに、階段状の露岩をたどります。下る速度を抑え、膝がプルプルします。
恥ずかしいことに、これを登りに使っていたら、心が折れたかも。。。なんて思ってしまいました。

屏風岩の下を行く「横手道」との合流付近からつづら折りを脱し、登山道出口が近づきました。
ただ、東坂登山口に出てしまうと、車を止めた西坂登山口まで車道を歩いて戻ることになります。
それも面白くありませんので、山の中で東坂と西坂をつなぐ「森林鉄道跡コース」を歩き、車に戻ることにしました。
「森林鉄道跡」は、戦後から昭和30年ころまで、材木の切り出しに活躍した軌道があったそうです。
鉄道跡よろしく、道の谷側は石垣でしっかり作られており、極端な勾配もなく、気持ちも楽にグングン歩けます。
ところどころ、石積みで出来た駅っぽい空間があったり、猿の縄張りに入り込んだかキャワキャワした賑わいに飛び込んだりして飽きません。
船上山 横手道からの見晴らし(左) 森林鉄道跡(右)
横手道からの見晴らし(左) 森林鉄道跡(右)

新緑のピークは過ぎていましたが、深山の雰囲気たっぷりの道のりで、大変気持ち良く歩けました。
4~50分、この道を進んだところで、行きに使った西坂へ合流。さらに10分下り、車へ戻ることが出来ました。
時刻は3時手前。丁度良い時刻になっていました。

今回は、神社参拝をメインに据えた行程でした。 登山でのアプローチや、神仏判然以前の強力な寺院の力も伺え、一味違う神社参拝となり有意義でした。神社を支える宮司さんや氏子の方々のご苦労も、より一層感じることが出来ました。
文化財や、伝統に触れる時、感動とともに、一人ではうまく後世に伝えられない無力感も感じます。
しかしながら、山で出会ったすべての方々が、何かを感じていただけたらと思うと、すくなからず希望を得るのです。

次は、錦秋に出かけたく思います。その時また改めて。

終わります。

※船上神社、船上山の歴史、アクテビティについては、公式が少ない分、多くの方々が楽しく詳しいレポートを書かれています。
どうぞ、それらの方々による素晴らしい記事にアクセスください!

船上神社参拝行(3)

あぁ、もう令和2年も半分を過ぎてしまいました。
ステイホームの実践のなか、アトリエ仕事が色々はかどっているはずなのですが、、、おかしいな、、、
忙しいのはありがたいのですが、アトリエ的にはこのコロナ騒動から、もう少し何かを得たかったと思いました。(効率化とか。。)

続きです。

船上神社の本殿脇には、奥ノ院の案内板がありました。
そちらが、後醍醐天皇をお祭りする社と聞きますので、早速、奥へと歩を進めます。
両サイドを土塁のように盛り上げた厳かな感じの直線道を行きますと、やがてこじんまりした空間に行き着きました。
奥ノ院です。

奥ノ院(左) ここにも海藻をお祀りしている(右写真)
~奥ノ院。(左) ここにも海藻が奉じられていました。(右)~

斜め前方には、行宮跡の案内もあり、参拝かたがた見学しました。
笹が繁茂して、言われなければ見過ごしそうな行宮跡の空間ですが、なるほど、土塁が地形に溶け込んで、少しぐらいの生活雑踏くらいは遮蔽してしまうかもしれません。
この船上山頂を迷宮化させたい目論見を感じます。

行宮跡 (写真では、立体感が掴みづらいかもしれません)
~行宮跡。奥行や立体感が出ていない写真になりました。。。~

正面突破には屏風岩の控える要塞。
頂上は、地勢にたけた僧兵や名和の軍勢だけが知る迷宮。
船上山は、その機能をフルに発揮して、後醍醐天皇を守っていたのでしょう。
実際に登らないと分からないことを沢山体験出来ました。。

さあ、これで、目的の神社参拝は果たしました。

せっかくここまで来たので、鳥居前から案内に従い「滝のぞき」へと向かってみました。
千丈滝まで山道が続いていて、滝口に直接たどり着きましたが、そこで行き止まりでした。
滝口からの絶望的な光景が視界の端にありましたが、そこはスルーしつつ、屏風岩を正面に望む景観にうっとりしました。
(記事冒頭の写真参照)

船上神社に戻って、境内で遅めの昼弁当を使わせてもらうと、滞在のタイムアップとなっていました。
といっても、下りにはメジャーな東坂登山道を使う予定でいましたので、ハイキングはまだまだ続く気分です。

記事も続かせていただきます。
プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!