FC2ブログ

丹後半島・怪異の記憶を求めて(本記事4)

続きです。

海への斜路を下り、当時の記憶からテントの張れる松林を探しました。
「あった!」
林の中に、記憶に近い平場がありました。先客のご家族が幕営してましたので、避けつつそこからの眺めを伺います。
「あれ。。。。?」
航空写真で想像していた通り、幕営地から海の眺めがどうにも合致しません。
しかし、しかしです!
林をぬけ、やや突き出た砂浜からの眺めが、海岸線を直角に眺め、同時に駐車場が視界に入る、条件符合の光景。。。
風化した記憶ですが、たしかに整合が取れています。
砂浜の向こうに未舗装の平場があり、その護岸の形もなんとなく見覚えがあるように思います。
「きっと、ここなんだ!」
ドラマのように当時が蘇るようなことはありませんでしたが、気持ちはすでに、この場所で感謝の想いを奉じるしかないと感じていました。
水着ギャルの往来のなか合掌するわけにもいかず、ペットボトルの水を砂浜に注ぎ、黙祷。
今日、無事に再訪できたのも御霊のおかげと祈りを捧げました。

以前、神殿にダメージを受けた神社にお参りした際、体調が悪くなり、別の神社で再参拝、状況報告をして救われたことがあります。(機会があれば、今度記します)
今回のケースは違いますが、地元の神社に報告を兼ね、お清めしてもらうため参拝してから宿に向うことにしました。

浜にも神社があるようですが、この混雑ですので一端車に戻り、宿へ向う途中の日吉神社に寄ることにしました。
横浜で居住していたときの氏神・日枝神社との縁もあります。
弥栄町木橋の集落をお守りしている神社で、ご祭神は山王権現様。 長い階段を上ると隋神門(のような)がありましたが、ご神像はなく、畳敷きで休憩所にも見えました。地域の方が良く通われるのでしょう。
さて、ここでお参り、ご報告をすませ、ふもとの車にもどります。と、目の前の田んぼのなかで何か白黒の生物を見かけます。
少し遠目なのですが、はっきりその姿が確認できます。でかいのです!
「コウノトリだ!!!」
保護地でもなかなか見れない幸運の鳥。
瑞兆に違いありません。あらためて日吉の神様にお礼申しあげるのでした。

次回、今回の探訪で感じた違和感をつづって終わります。
続きます。
スポンサーサイト



丹後半島・怪異の記憶を求めて(本記事3)

続きです。

灯台からきびすを返し、再び「琴引浜」に向いました。
国道からのアプローチの印象から、琴引浜が記憶に一番近い気がしました。

国道から浜辺へ向う進入口には、当然駐車スペースがなく、車を有料駐車場に停めるか、または、国道沿いの公共施設に停めるか。
の二者選択となりました。
きっどは後者を選びました。
数キロなら歩く自信がありますし、知らない町並みを散策するのも悪くないと考えました。 猛暑であることを除けば。。

行きがけにチェックしていた「琴引浜鳴き砂文化館」の公共駐車場に車を止め、浜に向かって歩き始めました。
片道1Kmの間に集落があり、民宿と構えの大きな民家が並んでいました。民家の中には、構えが大きいというよりは、工場のような外観の建屋も混じっており、中から軽妙で高速リズムの機械音が聞こえてきます。
はっと気づきました。「そうか。きっと有名な丹後ちりめんの工場だ。」 こういう、海が目前のゆったりした場所でも作られているとは驚きでした。

ほどなく集落を抜け、やっと駐車場と海岸が見えてきました!
「着きました!琴引きは・・・ま・・・」
駐車場と、海へ通ずる斜路は大混雑でした。
しかも、当然ながら、皆さん水着。 お若い女性たちのきらびやかな姿が、目前を往来しております。
それにひきかえ、きっどはジャングルハットに作業着。首からカメラを下げ、砂浜踏破用のストックとペットボトルを抱えていて
「まるでコントに出て来る考古学者」 のようないでたちです。
しまった。浮きまくり。。。でも、仕方ありません。
ここはもう堂々と、当時の記憶と目の前の景色を躍起になって点検しました。
駐車場の高度が高い気がしましたが、記憶の誤差内かも知れません。また、生垣の松が茂っていて当時と異なりますが、グーグルストリートビューではまばらでした。近年茂った可能性があります。バイクを隠した松林との位置関係も悪くありません。
あとは、テントサイトからの海の眺めが、当時と合致するか。。。
期待に胸が高鳴ります。。。

続きます。

丹後半島・怪異の記憶を求めて(本記事2)

続きです。

怪奇カテということで最期まで悩みましたが、やはり地名は明かすことにいたしました。
誤解なきよう繰り返しますが、決して恐ろしいものでなく、むしろ救っていただいた体験なのです。
その神秘性に感謝と敬意を表したい思いから、ちゃんと記すことにしました。

さて。車は豊岡、久美浜へと進みます。
久美浜までは以前、恩人が「稲葉本家」という旧家の蔵ギャラリーで個展を開催した際訪れましたので、これ以東は山陰移住後、初の来訪ということになります。
久美浜から網野町の市街を抜ける際、「琴引浜」の大きな案内板がありました。当時はキャンプ場所を求めて走っていたので、きっとこういう案内には過敏に反応したはずです。
国道沿いに、海の気配が漂ってきました。ほどなく「琴引浜」の矢印が見え国道をそれました。
記憶では、素直にそのまま海浜駐車場に突き当たるはずですが。。。ああっ!?
「有料駐車場」の力強い表示!!
そうでした!海水浴シーズン真っただ中!!いけねえ!
手前でUターンをかけ、海の状態も見ず国道へ戻ります。 どうしようか。。。?
とりあえず、第2候補の「砂方海水浴場」が、3~4Km先にありますのでこのまま向かいます。
ですが、こちらも国道沿いから「有料」の規制案内が掲示してあって、どうにもなりません(有料はいいのですが、お金を払って混雑に巻き込まれに来たわけではありませんから。)

思案あぐねて、先に「経ヶ岬灯台」を訪れました。
京都府最北端の灯台で、美保関や日御碕灯台と並ぶ白亜の石造り。全国で数基しかない高級な1等レンズを備え、岬には怪龍の伝説など、灯台好きにはたまらないキャラクターを有します。
灯台駐車場から延々階段山道がしんどかったですが、真っ青な海に白亜の灯台が素晴らしく、しばし酷暑を忘れてたたずみました。(ミニ写真をどうぞ)
丹後半島の先端から見る日本海は、山陰のものとはまた違う趣。海面から突き出た岩の水面下では、急に蒼の濃さが増します。当時は先を急ぐあまり半島周遊はあきらめざるを得ませんでしたが、25年ぶりに旅が補完できた喜びはひとしおでした。

さあ、しかしながら。今でも時間に追われる暮らしに変わりはありません。なんとか「琴引浜」だけでも拝んでおかなければ!

続きます。

経ヶ岬灯台
フォトジェニックなスポットが少なく残念。 右上の写真が第一等フレネル。映画ロードオブザリングの冥王サウロンを想起したのはきっどだけか?右下が、駐車場から「ちょこっと」だけ見える灯台遠景。

経ヶ岬灯台からの眺め
灯台からの眺め。下から見れば、柱状節理の景観が美しいでしょう。灯台の部材は、この下からの切石を使用したそうです。

丹後半島・怪異の記憶を求めて(本記事1)

丹後半島、再探訪の記事、ブランクなしで本記事となりました。

行ってきました、丹後半島。

初日から酷暑の予報。ほとんどが車移動ですが、夜勤明けの体を労わりつつの出発です。

前日まで、記憶と同じ地形を持つ海岸を、範囲を広げつつネットの航空写真で、しらみつぶしに当たっていました。
国土地理院の昭和の航空写真も見ましたが、やはり記憶と完全一致する海岸はありませんでした。
舗装駐車場が隣接するか否かが重要でしたので、消去法で2箇所に絞り、現地に立って見て判断するほか手がなくなりました。
また、楽しい思い出をくれたステーキハウスはどうググッても該当がなかったのですが、1件だけ、立地環境が似た(山に囲まれた郊外の道沿いの)店がありましたので、記憶の誤差も鑑み、寄ってみることにしました。

さて、鳥取市街まで貫通した山陰道(なるべく走りたく無い・あおり運転多し)を抜け、山陰近畿自動車道に。 「岩美IC」まで米子から2時間少し。ちょうど昼食の時間帯になっていました。
旧国道9号に道を逸れ、まずは検索したステーキ店に向かいました。
わざと店をやり過ごし、当時に従い、下り線からの眺めから記憶と相違があるか確認しました。
店へのアプローチまでは、記憶にかなり近い印象でした。山間、ゆるい坂の途中。
ああでも、、、店に左折で入る時点で「ここではない。。。」ことがわかりました。
記憶では右折で入るのです。 また、玄関は街道に対し直角でしたが、ここは平行でした。
「25年の間に閉じたのかな。」 寂しい思いもありましたが、これで吹っ切れました。
お昼時です。久しぶりに但馬牛でも食べようと車を降ります。
ところが、店に灯の気無し。
あらら!定休じゃないはず! 廃業したようにも見えないし。。。
こういう店にありがちな不定休というやつでしょうか?ガッカリですが、先を急がねばなりません。

道の駅「ようか但馬蔵」で特産「朝倉山椒」を練りこんだうどんを食べ、いよいよ京丹後方面へ。

目指すは「琴引浜」です。

続きます。

〇駆け足記事の都合で割愛しますが、朝倉山椒のうどんは おいしかった~。
 びりびりしないやさしい風味の山椒で、涼しげな味わい。真夏にぴったり!
「ようか但馬蔵」の情報はここからでも↓
「道の駅ようか但馬蔵 お食事どころ」

プレ記事;丹後半島・怪異の記憶を求めて(2)

続きます。

武者たちに感謝の意を表す為、その地に再び訪れたい。
この想いは、山陰に移住し更に強くなりましたので、ついに機会に恵まれ嬉しいです。が、実は、決行にはある困難さが伴うのでした。
それは「その海岸が、今となってはどこなのかハッキリしない。」ということです。
体験自体、心霊スポットでおなじみの、「背後から忍び寄る恐怖」 のようなものではありませんでしたから、現実的恐怖から逃れられた安堵感のほうが勝り、それ以上の追及はしませんでした。
また、旅メモは結婚やら移住やらのドサクサで紛失。頼みの記憶も、25年強の昔のことで風化が著しくなっています。

手がかりは、丹後半島付け付根付近西岸。テントが張れるような平坦な松林が海に突き出ていて(海岸線を直角に見る)、そこからアスファルト駐車場が100M前後の距離感で望める。国道からのアプローチが近い。くらいです。
ところが、困ったことにグーグルマップや、国土地理院の航空写真などで確認しても、該当の砂浜やキャンプ場がないのです。
なので、付近の海岸を総当りする時間もなく、検討をつけて訪れる。という、計画自体は行き当たりばったり感の強いものになりそうなのです。
ですが、もしその海岸が見つからなくても、どこかで気持ちを奉じて、積年のわだかまりに決着を付けたいと思っています。
成り行きは、あらためてまた記すつもりです。

さて、実は、もう一つ決着付けたいもやもやした記憶があります。
当時の旅で、丹後半島を通過した際、ステーキ屋さんに立寄りました。
ここにもう一度行きたいのに、場所がわからなくなってしまいました。
「丹後牛」ののぼりがあったと記憶していたのですが、現在そのブランド名はあまり使われておらず、手がかりがありません。
~あのとき、店の常連さんが飲み中で酔われており、陽気に話かけてくれました。
きっどが関東からのツーリングだと知るや、「うれしいね!頑張って!」といってお小遣いをくれたのです。
帰り際、店員さんにレジでそれを返そうとしましたが、ママさんも「もらっといたら!?」といって受取ってくれませんでした。有難く、おいしい食事の足しにさせていただいたのでした。
25年強も前の話。 まだお店があるのか分かりませんが、孤独な旅の途中で楽しい時間をくれたあの店の記憶も、今回の再訪で紐解ければすごく嬉しいなと思います。

いつか、続きます。

プレ記事;丹後半島・怪異の記憶を求めて(1)

毎日、恐ろしいほどの暑さですね(>▽<;;

好きな怪談をヘビロテしても、この暑さにはどうにも太刀打ちできません。

ということで、少し空き時間を作って、昔の怖い体験の記憶を、もう一度紐解いてみようかな・・と計画を始めました。
計画段階なので、今回の記事はプレ記事みたいなものになります。

さてその怪異体験とは、閉鎖ブログの最後のほうにつづった、若りしころのキャンプツーリング中の出来事からなります。
ざっくりと、いまいちど記してみたいと思います。

~その昔、山陰移住など夢にも考えていなかったころ、バイクで日本中を周遊するのが趣味でした。
山陰方面へ初のアプローチを決行した25年ほど前の秋。
天橋立から丹後半島の付け根を横断し、付き当たった日本海の海水浴場でキャンプを張った際、それは起きました。
テントの外で就寝前のお酒を空けながら夜の海岸を眺めていると、海から「鎧武者」の幻影が続々と現れ、砂浜目がけて行進してゆく姿が見えました。
実体感は薄く、まるで消えそうなプロジェクションマッピングを観るみたいな・・・そして厳かな雰囲気も加わり、しばし呆然と見ていたのでした。
そのとき、遠くから暴走族が近寄ってくる音が聞こえました。
鎧武者は、海岸の駐車場目がけて行進していました。
きっどは、はっとしました。ひょっとしたら暴走族は、この海岸に来るのではないか!?
そうすると、駐車場にぽつんと停めてある愛車が危ない!!
きっどは迷わずテントを張った松林から飛び出し、駐車場の愛車に向かってダッシュしました。
暴走族が迫っていました。 きっどは這々の体で愛車を駐車場から出し、隣接の林の中に隠しました。
ふたたびテントに逃げ帰ると、駐車場には2輪4輪の暴走族が集結。彼らのお祭り会場に成り代わっていました。

助かった! 
本来なら、とっくにテントで寝ていたはずですが、武者の幻影を注視していたおかげで別の恐怖から逃れることが出来たのでした。
武者たちはこの直後どうなったのかは見ていませんでした。暴走族からわが身を隠すのがやっとでしたから。

因果関係はどうであれ、きっどはこの武者たちに感謝し、お礼をしなくては。という気持ちが後に段々大きくなってゆきました。

続きます。
プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!