FC2ブログ

ダシが街を救う!?牛骨VS小魚(3)

続きです。

まず、米子の食堂では、食べ物に関して十分熱いもの、また硬いものはあまり供さない傾向です。

とある公共施設では自販機の飲み物が熱いといってクレームがくるなど、きっどが越してきてからも、自販機の飲み物がぬるくなり続け、”地域の好み”と諦めました。
また、食堂などでも、「今日はご飯が硬くてごめんね。」とか「熱いからホント気を付けて」とか店員が常連客に詫びている光景も目にします。(きっど的には逆に称賛に値するのですが。。)
従って、ラーメンなどは、ぬるめ、柔らかめがデフォルトでちょっとテンション下がります。横浜家系で構築されたきっどの舌には別の食べ物に感じるほどです。
また、牛骨スープは、体系的には澄まし汁で、コンソメスープに酷似しています。”あっさり上品”で個性を出そうにも、時流は濃厚ラーメンに傾倒しますから、ブレイクには足踏み感があります。

本来ラーメンは闇が深い食べ物で、上品さを追求するものではありません(byくりたゆうこ)が、素ラーメンという郷土食もあるほどですから、背油やチーユたっぷりなど、食地盤になかったのでしょう。
あくまで土地の食堂が土地の方々にむけそれぞれ提供していた食なので、全国ラーメン好きに発信するのにいまいち決定打を見いだせない向きもあったかもしれません。
ただ最近になって、若手大将達によるスタイリッシュな牛骨ラーメン専門店が、やっと安定した客の入りを見せるようになりました。熱々スープに歯ごたえ麺、といったデフォルトには、きっども大いに納得です。
数年前にきっどが惚れ込んだ店は、惜しくも畳んでしまいました。まずは地元の人に愛されないと継続できない現実もあり、そこをクリアしつつ、全国に向け発信する準備が、ようやく整ってきた!と、きっどは思いました。

ワイルドな風合いを残しつつも、洗練された尾道ラーメン。 実際に自治体の財政回復に貢献しているそうで、わが牛骨はこの好例に追従できるでしょうか?
中国地方のラーメン2大巨頭を目指し、牛骨ラーメンにはこれからも頑張っていただき、また、応援もしたいと考えています。

食後に、近くの浄土寺という古刹を散策・拝観してきました。
国宝、多宝塔を見学しました。
びっくりしたのが、足利尊氏の墓と称される重文の宝篋印塔が保存されていたことでした。
3年前、後醍醐天皇ゆかりの風景画を描き、賞を頂いたこともありますので、偶然とはいえ縁を感じました。
もっとも、尊氏逝去の際、各地でこのような塔が建立されたとも聞きますので、遺骨を安置する墓とは異なるものでしょう。
尊氏の墓は、海の良く見える場所にありました。
浄土寺は、尾道らしい瀬戸内に面する斜面にあり、旅情を満喫したのでした。

終わります。
スポンサーサイト



ダシが街を救う!?牛骨VS小魚(2)

続きです。

福山エリアで舌が肥えているとはいえ、本場ではビギナー。まずは定評ある店が安心です。
もっとも、広くお土産などで知られる現在の尾道ラーメンは、エリア的には福山で産まれたとも聞きますので、そんなに未知なるものに対峙する思いはありません。
おおっ! 店内は3~40ほどの席数でしょうが、ほぼ満席! カウンターがかろうじて空きましたので、案内されました。
頼んだのはチャーシュー麺。
ステーキのごときボリュームのトロチャーシューに背油。醤油の塩気がガツッと効きますが、魚介だしのうまみでするするっといけます。
福山のオキニ店はダシの濃厚さと油分だけで、甘み塩気は控えめな分グイグイいけますが、ここのは醤油がしっかり効いて中華そばの味わいが楽しめます。

おいしかった~。

店を出るまぎわ、振り返ると10名ほどの行列が出来ていました。通りに出ると、視界の先にあるいくつかのラーメン店も列が出来ていました。

なんと、、ラーメン店がこの街を支えている様子が、手に取るように分かるではないですか。。。感動です。

さて、わが鳥取でもこのような姿を期待して始めた取組みがあったっけな。。

鳥取牛骨ラーメン!

古くから地域の定番であったものをブランド化して売り出そうという、まあ、よく聞く誕生秘話ではあったものの、それなりの斬新な全国デビューであったと理解しています。
正直、鳥取牛骨、美味いです!
ただ、鳥取を代表するご当地グルメになりましたかね。。。ちょっと分からないですね。
すくなくとも、それで街が賑わった実感はないですね。
米子では、在地の食堂がのぼりを立ててPR運動したり、新店舗が林立したりしましたが、やがて牛骨PRは霧散し、専門店としてラーメンにこだわる一部の店舗が頑張っている様相です。

きっども、本当は絶賛したいのです。ですが、美味いと思った店は早々に消えました。
地域の元からの味だから、頑張ってPRしなくても。。。といういつもの店側のネガティブ志向も見え隠れしますが、実は米子の食堂は、外部から来たラーメン好きにとって齟齬を感じる部分も多いのです。。。
つまり、ラーメンに限っては、自分の舌が、地元の舌と相反する。。。ということが分かって来たのです。

と、言うことは、県外から来るラーメン好きの気持ちと舌が、鳥取(ここでは米子)のラーメン店とミスマッチをおこすのではないか。。。
そんな危惧さえ感じることもありました。

あらら。。またダラダラと。。

続きます。

ダシが街を救う!?牛骨VS小魚(1)

光陽展、広島準本展に行ってきました。
上野本展に行けなかったので、拙作の出来栄えの再確認をしながら、会員皆さんの作品を堪能してきました。

実は、山陽方面にはもう一つの目的があり、今回はそちら中心の雑記として書きたいと思います。

その目的とは、昼食に本場の尾道ラーメンをいただくことでした。

公私でよく行く福山にも、おいしい尾道ラーメン専門店があり常連化していますが、本場では未経験。のみならず、尾道自体、恥ずかしながらまともに観光したことがありませんでした。

グーグルマップなどで尾道ラーメン店を確認すると、駅前というより市役所周辺での出店密度が高そうなので、そちらを狙います。
尾道中心部の、やはり観光したかった寺院のPに車を入れ歩くつもりでしたので、かなり手前からナビに従い近道を行きました。
が、尾道特有であろう細い道をナビが誤誘導しだし、すっかり迷ってしまいました。(こちらも土地勘がないので枝道を掌握できないこともありますが。。。(;д;)
結果、尾道特有の急坂ほそ道を走破・堪能することになりましたが、本来的には車で走るべきところではありませんでした。

やっとたどり着いた、市役所前の有料P。
割と混雑していましたが無事入庫し、尾道ラーメン激戦区に向かいました。

歩き出して、すぐ違和感に気付きます。

人。。居ないな。。。

休日のお昼時。お世辞にも散策の人影がありません。
まがりなりにも尾道三部作の観光地。ではなかったか。。。
商店街という街路でもないですが、観光で賑わう様相ではありません。

でも、それはやがて杞憂であると判明しました。
見えてきたラーメン店。
その店先が賑わっているではないですか!
まさか、、、昼時なのでラーメン店に、皆集い始めているの~!?

だとしたらすごい集客力!散策の人影が消えるほどならば。。。
パーキングの混雑ぶりもこれで得心します。

きっどは、生インスタント麺で名のあるラーメン店の店先へ歩を早めました。

続きます。

鳥と風の造るユートピア ”庭の草花”

バゴッ!

アトリエの壁のどこかで鈍い音がし、とたん遠くで子供達が「やばい!」とかなんとか騒ぐ声がします。

我がアトリエは児童公園に接しているので、子供のボール遊びのとばっちりを食います。きっどは日中アトリエで仕事をしているので、音がすればすぐ外へ飛び出します。
ボールの被害より、別な心配があるのです。

今日は野球のボールが飛び込み、壁を直撃したみたいです。
案の定、子供がフェンスを乗り越えて侵入してきました。
「すみません。ボール来ませんでしたか?」
きっどという強面のおっさんが待ち構えているので、彼らはビビってかしこまっています。
「壁に当たったよ。それより裏からこっそり入って来るなんて感心しないね。」
きっどは言いますが、そこは最近の子供。遠慮なくそのまま入ろうとします。
「だめだ!大事にしている花壇があるからここはダメ!回って!」

そうなんです。ブロックフェンス下に大事な花壇があるのです。
ここを、無断侵入の子供たちに幾度も踏み荒らされ、そのたび必死に復旧させてきました。

我がアトリエの庭は、鳥の糞と、風がもたらした、山野草や樹木の庭園となっており、なかなか賑やかです。
ガーデニング愛好家から見ると”みょうちくりん”かも知れませんが、自然発生した可愛らしい野草を大事に保護しているうち、段々花壇化してしまったのです。

今回はそんな庭の花のスナップ写真が出てきましたので、少しですが載せたいと思います。
庭の花1
去年の夏から
ホトトギス ヒオウギ ホタルブクロ

庭の花2
今春
ジュウニヒトエ オヘビイチゴ カラスビシャク

庭の花3
今春
タツナミソウ ヘビイチゴ ニワゼキショウ

他にも、紅白ミズヒキの群生や、ユキノシタの群生も整理して楽しんでいます。また、マツやカエデ、ケヤキ、食べそこねのギンナンからイチョウも発芽し、すこしづつ成長しています。残土置き場から保護したドングリの幼木も鉢に根付きました。
狭い庭。あまり巨木化させられませんが、元気に育って欲しいと思います。

ちなみに、ボール遊びの件ですが、子供たちにそれを止めるよう言ったことはありません。
自分も色々遊んだクチですからね。
ただ、花壇のことはいくら言い聞かせても、すぐ別の新人が現れ、被害が絶えません。゚(゚´Д`゚)゚。
ま、いろいろ賑やかなのはいいですが、せめて、小さな草花に気を留める人間になって欲しいと思っています。

身もふたもないランキングの過酷(2)

続きます。

もう一度書きますが、このアンケートは、あくまで「憧れ」が重視されている。と考えるべきでしょう。
言うだけなら自由。 きっどだって、「天空の城ラピュタ」に移住できるなら、してみたいと思いますもの。

いずれもランキング上位の地は、アクテビティや物産、観光で知名度抜群。
鳥取は、ようやくそのPRに力を入れだした、いわば戦略ビギナーです。その、優劣も繁栄されたランキングといえましょう。

では、PR不足を度外視したところで、今後鳥取は、若い人向けに、なにかPRできる素材ががありましょうや???

いっぱいありますな♪

ただ、恵まれた土地で何でも用意され、享楽は常に向こうからやって来て、都会でのみ通用する興味だけで生きてきた方々には、多分言ってもわかっていただけないでしょう。。。

地方は。。。まあ、この場合米子周辺は、自分で歩むべきレールを築いてゆく生き方をもって、初めてその本質を知ります。
あまり言われませんが、頑張っている人に手が差し出される土地柄です。
金銭面は確かに厳しいですが、居場所が続々用意され、人脈、素材、可能性、そして癒しが一気に手に入ります。
ただ残念ながら、生き方などと言ってすぐ想起される、起業とか、就農とか、、、そういうマニュアルで表現できる世界では決してありません。。。
必死に一日を過ごさなければなりませんが、満たされて終わる豊かな暮らし。。なんて、簡単には分かってもらえないです。( そして、分からない以上、絶対に手に入りません。)

これを「見える化」することは並大抵でありませんから、結局、響きのいい「食の都」とか、「星取県」などのキャッチフレーズをたて、本質から遠いところでPR合戦に力が入ってしまい。。。
で、このアンケは、あくまでその戦いが十分ではないことを物語っている。。。そういうことなのでしょう。
キャッチーで華麗な姿を取り繕わなくとも、居場所に満ち溢れる本当の「LIFE」を求める方々なら、当県の良さはきっと分かっていただけると思うのですが。。。むずかしいのでしょうね。

我が鳥取も、PR戦略に本腰が入ってきましたが、カニ取県や星取県、スナバにコナンに鬼太郎トリピー、梨だスイカだラッキョウだと、打ち出しすぎて、返ってビックワンがありません。
ランキング上位の都道府県は、本当に長い歳月をかけその価値を大切にしてきたことが分かります。
シンボルとは、まず県民が、足元の価値を見出すことから定まってゆくのかも知れません。

身もふたもないランキングの過酷(1)

先週の朝日新聞別刷り誌面において、アンケート記事「移住したい都道府県ランキング」の掲載がありました。

なんと、鳥取は最下位。。。。(;゚Д゚)

一体どういうこと。。??

なににつけ出遅れている感はあるものの、近年はそれなりにPR攻勢にも励み、なにより暮らしてみたい「田舎」の中では常に上位に食い込む奮闘を見せているはずです。

が、よく見ると、何かがおかしい記事のように感じます。
ランキングトップに 沖縄、北海道、京都、東京??????

ああ!? これって、観光で人気の場所ばかりじゃないの!?

記事のまとめにもしっかり歌ってありました。。これは観光というビッグネームを土台とする、その土地への憧れが反映されていると。。。(きっど解釈)

そりゃそうでしょうとも!
どういう設問・対象でアンケートを募ったのか不明確ですが、人気の観光地or遊びに行きたい場所etc・と表題を変えても何ら問題ないアンケート結果じゃないですか!!

なんと身もふたもない。。。
ビックネームに対し「あなたはビックネームですね!素晴らしい!」と、あえて言い
弱小には「あなたは弱小ですね、だめですね」と、あえて断ずる。そんな愛のない記事に接した気分です。。。

だが、ちょっと待ってほしい。。。(自分に対して)

さらに記事をよく読むと、若い世代が回答の中心で、リアルな背景が透けて見える気がします。

「移住」というからには、そこには暮らしを安定させる仕事があるかどうか。。。
そして、たとえ安月給でも、娯楽や欲求というものが、安近短で解決できる。という含みがあるのではないか。。。

これ、若くしてそこに住まうには最重要課題であることが、いまさらながらに確認できるのではないでしょうか。。。?

つまるところ、このランキングは合点がいく結果なのではないか。
そう思う節も出てきたのです。。。

続きます。
プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!