FC2ブログ

『新・風景論』を読んで。

『新・風景論-哲学的考察』 〈清水真木 著〉を読みました。

写真、絵画指南のための本でなく、文字ばかりの、しかも「哲学」という主眼から「風景」が書かれた本は珍しいかもと、読んでみました。

はあ~。。いやもう難しいのなんの。。。ヽ( ̄д ̄;)
きっどの理解力では、結局、内容を取りまとめることが出来ませんでした。。

ただ、哲学から見た風景の捉え方というものと、風景画作家から見た風景の捉え方との「齟齬」みたいなものを味わい、おつむに電気ショックをあたえるには格好だったかも知れません。

人がステレオタイプ的に考える「美しい風景」とは、そもそもの話、写真のない時代の絵画が先駆であったそうです。
風景探求の学者が出現し、風光明媚な土地へきて、わざわざ額縁越しに景色を見るような器具を用いて鑑賞したそうです。
その、「切り取る行為あって」の風景に、哲学者は異論を投じるのです。

額縁の中だけでまとまって、テーマ的に統一されたであろう見世物的な風景。で、まずくくりを設け、ではその枠を超えて風景を考えてみませんか?という論調には、その先にある「地平」(著者も、同語の表現を用いていましたが)に何が現れるのか・・・ロマンを感じずにはいられません。

さあ。読後のきっどに、なにか知的変革が生じましたでしょうか?

まあ、正直分かりません(○゚ω゚)

きっどは、そもそも論で断ぜられる風景画を描く身ですので、その枠を超えた地平に想いを巡らせるなら、歴史や地理と言った背景などです。それらを暗示させる表現も忍ばせますので、結局は著者が言う「箱庭的」風景にはなってしまいます。

では、自身の視覚に拠らない風景を描くとして、抽象や心象という表現を選択するとしても、描く側の心地良さは取り残されます。
まさに堂々巡りの難問同。哲学の術中にはまってしまいます。

ただ、そうして目前の風景に深化を望み、しかも風光明媚で構図バッチリでも、描けないものは描けない時があります。
きっどの場合、「この風景を描きたい」となるには動機が要ります。
それは、哲学とは相容れないスピリチュアルな動機 「描くように、何かに言われている。」 ことです。
それまでガスっていた山容が急に晴れた。だとか、林の樹木に一点だけ光が当たった。だとか、山道でなぜか間違えて辿り着いた場所だった。とか、筆を握らずにはおれない瞬間がなぜかやってきます。

神様の啓示、などと書くと多少の語弊がありますが、それこそが、きっどにとって額縁を越えた風景の地平を見る瞬間かもしれない。と気付けたのは、読後、最も幸いなことでした。

哲学という難題に、スピリチュアルで返す。
きっどの浅はかな処世術全開です。(゚∀゚)

↓風景に一味違う感慨を持たせるお勧めの一冊!
『新・風景論-哲学的考察』 清水真木 著
スポンサーサイト



この蠱惑よ。美しき地獄よ。~丸尾末広 展~(3)

続きます。

忘れえぬひと。。などと書くと、クラムスコイの美人画”ロシアのモナリザ”のことでもありますが、丸尾先生の美人画はそれに劣らず「見て得した感」が強烈です。

まあ、結局よくわかりません。
好みの問題もありますし、エログロという超理性の世界観から受けるインパクトもありましょう。
丸尾先生の筆致は、日展や院展の美人画に通ずるところもあり、昭和初期の高畠華宵先生をリスペクトしているともいわれますので、太古のものではないにしろ、DNAに訴えるものがあるのかな?などと考えてもみます。
ただ、グラビア美女や、最近のリアリズム絵画美女のような「素通り」しがちな「美」ではなく、そこから離れがたいなにかがあります。まさにロシアのモナリザ「忘れえぬひと」と同じ気分です。

現実に目を向けますと、あまた居る美女のなかで、ひょんなことから強烈に意識し、忘れられなくなる(一歩間違えばストーカーになりそうな)方は、確かに存在します。
それはしかし、息遣いを感じる(感じてしまった)方だと思います。
ふっと、髪の香りを嗅いでしまった。 体温を感じてしまった。 「忘れえぬひと」では、目に涙が光っているのが分かった。。
などから始まり、もっと変態的な見地から
ストッキングの伝線に自分だけが気がついた (矢口高雄先生は、昔、旅回りの美人女優が、河原でボロボロの襦袢を洗濯しているのを目撃し、わすれられないヒトになったとエッセイでありました)。
眉毛がわりと濃いのが分かった。。(と、これは 「忘れえぬひと」から)
などのギャップ萌えにいたる、一瞬バリアが薄れたときに現れる幸福感から、本当に忘れられぬ存在になるように思います。

その幸福感が、「見て得をした」気分ということになりましょうが、そもそも倒錯した世界観に描かれる女性ですので、話が複雑になりますよね。。(;^_^A
やはり難しいテーマでした。
「言葉を交わした」くらいでは到達できない「見て得をした」と思える美女の探求は、まだまだ続きそうです。

ちなみに高畠華宵先生の作品は、東大・弥生門まえの弥生美術館に収蔵とのこと。
時を同じくして、同館では「セーラー服と女学生」なる興味深々な企画展を開催中でしたが、ど~~しても時間が合わず、泣く泣く帰路につかねばなりませんでした。
しかし、何となくですが、大正~昭和のファッションがポップカルチャーとしてまた脚光を浴びそうな予感もします。
きっと近いうち、展示に出会うチャンスもあろうかと思います。
そのときが楽しみです。

丸尾末広 原画展

↑ミニ写真です。
丸尾ワールド全開の休憩コーナー(左);院展にも通ずる美人画(右)。素晴らしかったです!

終わります。

この蠱惑よ。美しき地獄よ。~丸尾末広 展~(2)

続きです。

蠱惑的とこだわって書いています。虫3つで丸尾先生らしいと思い♪

丸尾先生について少しだけ触れますと、ガロ系作家でアンダーグラウンドのカリスマ。漫画家、役者、など多才なアーチストで、もっぱら昭和エログロないしそのパロディーを主体に創作されます。現在のサブカルにも多大な影響を及ぼした方ではないでしょうか。
今回の原画展は、画集刊行に伴い企画されました。

渋谷駅前は、きっどの知っていた場所ではなくなっていました。ハチ公なんか見えないくらい外国人観光客がひしめき、立錐の余地もないくらいでした。ビルというビル壁面には巨大なモニターがいくつも設置され、爆音とともに不可解な映像が飛び交っていました。
かすかな記憶を頼りに道を渡り、渋谷タワーレコードへ。案内に従い、8階展示会場に到着しました。

丸尾末広 大原画展 「麗しの地獄」

駅前の喧騒がウソのように、会場は静かでした。入り口で丸尾先生の少女画が出迎えます。
早速入場料を支払い観覧します。写真OKとあります。
漫画家の作品展だけあって、展示されている絵画は小さいものが多いのですが。。。
おお。。。きれいだ。。。!!
内容はいわずもがな、原画でも印刷品のように美麗です。
滑稽で、ポップなモチーフにグロテスクな表現を忍ばせたり、またその逆の表現でも魅せてくれます。

すでに売り切れていましたが、新画集サンプルの表紙には、「帝都物語」の加藤保憲。
初読のノベルズ「帝都物語」の挿絵、丸尾・加藤が、きっど的には一番好きでしたので嬉しかったです。
(ちなみに、ブログタイトルは嶋田久作・加藤のしゃべり方を意識して書きました~www)

さて、これより性差別的な表現が加わります。ご了承、ご注意お願いいたします。

丸尾先生の一番の魅力は、なんと言っても美人画でしょう。

しかも、只の美人画ではありません。
レトロモダンというのでしょうか、現代では決して味わうことの出来ない風俗を、艶かしく纏っています。
その美人が、作者の手のひらで、これでもかというほど容赦のない扱いを受けますので、なんともはや、、、( ̄▽ ̄;)!!

まあ、そのことが言いたいのではなく。。。

丸尾先生の美人画は、とにかく「見て得をした!」感があるのです。

さあ、これをどう文章化したものでしょう。。。?

続きながら考えることにします!

この蠱惑よ。美しき地獄よ。~丸尾末広 展~(1)

まずは、9日に島根県西部で発生した地震によって、被災された方々にお見舞い申し上げます。
米子も震度4。携帯の緊急地震速報が機能し、鳴動から5秒程度遅れて揺れが来ました。

きっどはこの日、米子空港始発便で東京へ行く予定でした。
恩人ともいうべき知己と会うため前から計画していたもので、実は上野の光陽展に出席するための会社休日を、今回こちらの予定に振り替えました。それほど大事な上京のつもりでしたから、美保の空自が直後に飛ばした航空機の音で、空港は無事と分かり一安心しました。

知人との再会については、先方の都合もありますから割愛いたします。

今回、空き時間を有効利用しようと都内のイベントを調べましたら
『丸尾末廣 大原画展 「麗しの地獄」』 開催中!の記事が!!

なんという奇跡!!

こ、これはぜひ見なければ!

きっどが愛読していた頃のガロは、作家世代としては、内田春菊、根本敬、蛭子能収、近藤ようこ、山野一などの先生が全盛のころ。
もともと、水木しげるや、つげ義春、矢口高雄、各先生など輩出の有名誌でしたので、とるもとりあえず購読に値すると考えておりました。
そんな購読当時の「ガロ」の中ではすでにレジェンドだった丸尾先生ですが、作品集の広告などを拝見し、言うに言われぬ、なんと蠱惑的な作風だろうと衝撃が走りました。
大正なのか昭和なのかよくわからない、過ぎさったであろう倒錯した時代の空気に満ち、ある時は理性のない世界だったり、ある時は詩情に満ちた独白の世界だったりします。

そんな、狂おしいほどの蠱惑的な先生の原稿というものを、一度は見たいと思っていたのです。

早速JR山手線に乗り込み、渋谷駅を目指しました。

※~今回お見舞いの言葉も載せているので、先生の魅力を語るには不適切な場と考えます。
 また次回、改めて先生の魅力(きっどなりの)に触れたいと思います。

続きます。

イメージアルバム青春狂舞曲(3)~ザ・コクピット~

お次に現れしは、松本零士先生作の戦場漫画シリーズ(と、当時は呼ばれていました)、ザ・コクピットのアルバムです。

近年になってOVAなどが作られ、なかなかのメディア露出となりましたが、当時はコミック以外にその作品に触れることができず、このファンアイテムの発売は(きっどにとって)70年代終盤のビックニュースでした。

松本零士先生については、もう十分ですねw。きっどは、四畳半シリーズやヤマトにはそれほど燃えませんでしたが、少年サンデー誌面などでそこだけ異空間な戦場漫画を、穴のあくほど読んでいた手合いです。

アルバムは、東海林修先生のオリジナル曲と、ラジオ放送されたドラマや歌の交互編成。
特に、神谷明・富山敬の2大巨頭によるオーディオドラマは聞きごたえがあります。本物のゼロ戦のエンジン音もSEで使われます。

東海林先生の曲も、メカニックの鼓動が始まるような起動的なイントロから、やがて大空へ飛翔してゆく感が、とてもカッコ良い音楽です。

話はそれますが、当時のオーディオドラマって、本当に面白かったですね。上のシリーズのように奇跡的にリリースされたものは今でも楽しめますが、伊武雅刀(イーブ雅ノ介)の「超人エスカルゴ」や林隆三の「かっこいいスキヤキ」など、二度と楽しめない(であろう)作品が惜しくて惜しくて仕方ありません。

。。ま、これはまた記事にさせてください。

松本零士先生の少年向けの作品には、「信念」とか、「宿命」とか、「男なら~」とか、短くても、男子の心に突き刺さる名言が往々にして出てきます。
「個」であり「男子」であることを急速に意識する年代には金言にも近い響きがありました。
しかしながら、若気の至りに頓珍漢なことをしでかし、親父殿に詰め寄られたとき。。
「俺の信念で・・・」などと弁解しようものなら

「なまいきいうなーっつ(*`Д´)!!」
とゲンコツを落とされました。
あくまでこの金言は、「男の自立は痛みを伴う」「やがて親は越えねばならぬ」。という零士先生のもう一つのメッセージを内包しているようです。

ザ・コクピット ジャケット
ザ・コクピット カード

ジャケ画です。

まだまだ記事にしたいアルバムがありますが、長引きましたのでこの辺で。

イメージアルバム青春狂舞曲(2)~樹魔・伝説~

次に発掘されたイメージアルバムは、80年代初頭に購入したLPレコード。「樹魔・伝説」でした。

当時、これを同題の水樹和佳(当時)先生の少女漫画をイメージしたものとはつゆ知らず、店頭でジャケ買いをしました。

アルバムのジャンルとしてはまだ新しかった、シンセサイザーミュージックのコーナーに置いてあり、一見ファンシーアート(詩とメルヘンのよう)なジャケットに魅かれました。てっきり喜多郎などと同じ系統のアルバムだと思っていました。

早速家に帰り、封を切って中身を見ると。。。

ガビーン! 同封のリーフレットにはモロ苦手系の少女漫画のイラストが。。。。

漫画のイメージアルバムだったの?? わ~~こりゃ、きっついかなぁ~。。。
でも、せっかくなので恐る恐るレコードに針を落とすと。。。。

お~♪。。。なんとも心地よいシンセのメロディーではないですか。。。
悪役や、危機的シーンをモチーフとした曲にはそれなりのネガティブな曲が配されていましたが、全体的にはウットリ聞くことが出来る一枚となっていました。

原作はどんな漫画だろう? 気になります。
早速書店に出向き、これまた恐る恐る少女漫画のコーナーを物色。
ありました!
見れば、ど正統の、苦手系少女漫画の匂いがします。
(偏見を形にするのは大変難しいのですが、例えばお耽美な男性がキッラキラの風体で見栄をきってたりすると うわ!となります。あくまで思春期を謳歌していたころの話です(;^_^A )
しかし、読むと心に決めたからには読みたいもの。少女コーナーからいち早く逃れるためにも、即決で購入しました。

やっぱり、こりゃ、きっついかなぁ~。。。
本をぱらっとめくって思いました。でも、冒頭から男性が主人公である意外性(偏見です)に目が留まります。瞑想とハイテクがごっちゃになった世界観。親しみやすい主役のイオ(ジロー)や、愛らしいヒロインのディエンヌ、厳しい壊滅の後に感動的な再生が訪れるというドラマツルギーに、徐々に魅せられてゆきました。
これが少女漫画の神髄か。。。。! ただただ驚愕のきっどでありました。

しかし同時に、少女漫画とはかくも意識高い系だということに気付かされ、ガックリしたものです。
主役の男性に、頭がよく細やかな気遣いが出来、自制が効き、ハンサムでユーモアもあるという、きっどでさえ惚れてしまうようなキャラが登場してきた日にゃ、お年頃の少女読者にとって、現実の男子が救いようのないバカ に見えて仕方なかったことでしょう。。。

そういう意味で、やはり少女漫画というものは、いつまでたっても「きっつい」読み物であることに違いありません。

樹魔・伝説 ジャケット
樹魔・伝説 カード

今回はジャケ画で。
お気に入りの曲は、やはり「永遠のジュオー」。
癒されます。

イメージアルバム青春狂舞曲(1)~松本洋子先生~

このところ、昨年末に実家から取り戻した、過去の思い出の品々の整理に手をつけています。

いかんせんハコバンいっぱいのガラクタ・・・もとい、思い出の品々が一気に部屋を占拠したので、その圧迫感たるや洒落になりません。
写真保存しては捨て。を繰り返し、少しずつ空間を確保しています。

そんななか、いまだに解決しないのが、LPやカセットなどの音楽メディア。
もともとデジタル化する機材がないので手が止まるのですが、レコードジャケットなどを眺めていると、絶対に捨てたくない気分が盛り上がります。

まあ、その話は、後日にするとして。

今回、整理の中で発見された、懐かしい音楽について、特に書き留めていこう思います。
それは我ら世代にとって、その発売に狂気乱舞したアイテム。「コミックや漫画のイメージ(ミュージック)アルバム」であります。
いちいち説明は要らないでしょうが、大好きだけどアニメ化などが期待できないコミック作品が、唯一紙面を飛び出し、我々の妄想をかきたててくれる、当時無二の製品だったと思います。

まずは、四半世紀の沈黙を破って、「イメージアルバム・松本洋子作品集」が、きっどの前に姿を現しました!

きゃ~懐かしい!先生の作品をイメージしたオリジナル楽曲集です!
ただ、見つかったのは、ダビングしたカセットのみで本体LPがありません(TmT)。従姉妹に貸したままだったかな~?

いろいろあって、2000年ころには新作が出なくなってしまった松本洋子先生。
ローティーン向けの少女マンガ誌において正統派キュートなタッチを用い、闇深くて不安感満ち溢れるオカルト作品を続々描いていました。
少女マンガ然とした人物描写が苦手なきっども、彼女の作品は素直に読めて大変好きな作家でありました。
美内すずえ先生が骨太のアドベンチャー的ホラーを描くのと対照的で、心の隙に忍び寄る闇の怖さを描ける先生でした。
(後期の”すくらんぶる同盟”などは、チームでの謎解きみたいな賑やかな作品でしたけど♪)

お気に入りだったのが、「シンデレラ エクスプレス」の歌。
ダークな松本作品集において結局アップテンポな曲を選んでしまうのもどうかと思いますが、曲・ドラマとともにロマンチックサスペンスにときめく時間を与えてくれます。

「♪シンデレラ~ 恋のエークスプレース! あな~たに~とびこぉ~むぅ~♪」
脳内ヘビーローテーションに負け、ついこの曲を口ずさんでしまういい歳のおっさんの姿は、それこそ究極のオカルトに違いありません。

松本洋子先生 模写
ジャケ画がないので、お絵かきソフトで。
あっりゃ~ お絵かきソフトじゃ、どうしてもそっち系の絵になってしまうな。。( ̄Д ̄;;

プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
102位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!