FC2ブログ

居酒屋一期一会

先日、県外に泊まりがけの用事がありましたので、ホテルから早速なじみの店へ晩酌を頂きに参上しました。

ここへは、年に数回ながら泊りの用事があり、用がなくともニアミスすれば寄る。を繰り返しているので、すっかり遠方の常連として認知されました。
鳥取へ移住してからのなじみで、きっどの好物もそろっており、こぢんまりとしていて騒々しい客や店員が居ないので、居心地がよく大変気に入っています。

幾人か飲み友のような方も居りますが、今回、少々毛色の異なる方と席が近く、親しくなりました。

私のような遠方の常連を「貴重な方だ、ありがたいことだ!」と感心してくださいます。
「オーナーさんでしたか!?」と聞くと 「いえいえ!ただの仕事帰りの客ですよ~!」と否定されます。
私の弟と同い年とのことですが、若々しく聡明な感じの男性です。
「ここは、古くから都市機能が発達しているが、隣接地に一大観光地を控えており、観光・宿泊についての集客に後れを取っているのです。なので、ありがたいと思ったのです。」と、会話の最中、どこかで聞いたような言葉が語られました。
ああ!米子がまさにそうじゃないの!
境港、大山、松江宍道湖と、集客力のある地に隣接していながら、なかなか米子に泊まって遊ぶ方が居ない!
「アニメの聖地巡りなどで、一部集客を見せている。そこは伸ばしたいが、そのエリアは夜など店が全閉店するし、宿泊所も少ないです。」 その方は飲み物を次々おかわりしながらも、真摯なまなざしで話します。
地方都市の憂いを酒の肴にするという、一見奇妙でも楽しいひと時ではありました。
飲み屋の片隅で、そうそう物事が解決しませんが、その方は細部にわたり現状の把握に努めていることがわかりました。

そのとき、きっどは、はっとしました。
この人はもしや。。。

ああ、こんなにお酒が入っても、心の中は真摯に郷土のことに向き合っているんだな~と感心しました。

米子など、いかに余計なことをしないで、昨日と変わらない今日を楽に過ごすか。文化芸術など金のならない木は切り倒し、どうせ金がならないなら荒れ地のままにしておけ。
という方々が一部担っているばかりに、今日の姿になりました。

そういえば、この店のある駅前では、かつて市民力で文化財を死守した経緯がありました。市長の独断を、市民力が打破したのです。

米子もあなたのような方ばかりなら。。。。

そう言いかけてやめました。あくまで私的な席ですから。

お勘定を終え「今日は楽しかったです!」とその方に声を掛けますと、わざわざ立ち上がり45度のお辞儀をしてくださいました。

見送りのママと店の外に出た際、「あの男の人は、こういうかたですよね?」
と聞くと、小声で 「そうです」と教えてくれました。

高いビル街と明るいアーケード。なのに、まばらな人通り。
旅好きなきっどのおなじみの光景ですが、今日は何か胸に迫るものがあるのでした。
スポンサーサイト



僕の絵のなかの宇宙。さよならホーキング博士!

ショックです。
星取県がようやく記事にあがったと思ったら、ホーキング博士の訃報だなんて。。。。
3月14日だそうですね。。。言葉もないです。
宇宙物理のことはきっどの理解を超えていてどうにもなりませんが、本棚の片隅にある著作を引っ張り出し、特にコミック版のホーキング博士の偉人伝で、もう一度博士の喜怒哀楽に触れてみました。 長い間、研究お疲れさまでした!

以前、きっどの風景画には「隙間、空隙」へのこだわりがあると書きました。
閉鎖記事でいちど触れたことがありますが、思考の端部には宇宙への思いも込められています。

博士を思い浮かべながら、その記事をもう一度復活させることにしました。
テキストは起こしなおしています。 理系専門ではありませんから、種々の間違いはお許しください。

2013年5月
~風景絵画の次ステップ♪量塊に穴をあけて、先へ進もう!~として書きました。

きっどは独学のため、指南本の通りに進めていても結局行き詰まってしまいます。
学生時代のデッサンで習った「対象を量塊として」捉える方法が、繊細な風景には、技法的に破綻してしまうこともそのひとつでした。
鳥取県東部で活躍されているベテランの画家先生から引き算の考えを教えていただき、自分なりの解釈で「ボイド」の考えが一番作風になじむことがわかりました。
自然とは、じつは隙間だらけだった。という見方で、きっどの絵画は再出発したのでした。

無題2
海外のアーチストのなかには「スカイホールが大切だ」と言われる方もおられ、近い考えに思いました。
きっど的には「フォレストホール」でしょうか(T_T)
↓初めてそれらを意識した制作に取り組んだ、拙作のミニ写真もありました。

1_20130531234601.jpg

道、まだまだ半ばですが、これからも山陰の風景画を描き続けてゆきます。

3/8は水木しげる先生 生誕の日(3)

続きます。

やっぱり、あのご一行は!!
水木先生のご一行じゃあないか!!

すぐ分からないはずです。ファンに囲まれるでもなく、観光客のように のほ~んと歩いているのです。

もう、きっど夫婦は先生の間近。きっどの頭の中で、なにかがスポンと飛びました。無我夢中で声を張り上げていました。
「せっ、先生っつ!いつも読んでいます!一緒に写真撮って下さいっ@¥$×%」
まるで鉄砲玉。SPが居たら取り押さえられていたでしょう。

先生は、ちょっとポカンとなりながらも、すぐに「あ~良いよ。良いよ!」と言ってくださいました。

きっどは、極度の緊張から視界がぐるぐる回ってしまい、なんとか嫁にカメラを渡して先生の横に立ちました。
先生が巨人に感じて、つぶれそうです。霊圧というやつでしょうか!?
「はい!撮ります!」嫁の声で、めちゃめちゃ目が泳いでしまいます。 「あら~良かったわね~♪」年配のご婦人の声がします。あとで思うと、布枝夫人でしょう。
「ありがとうございました!」嫁の合図がしましたが、一向に緊張が解けません。
「先生、これからもお元気で、がんばってください!」先生の一行に月並みなお礼しか言えず、きっどは這う這うの体で近くのベンチにへたり込みました。 腰が抜けていました。

まだドキドキしながら、一行の後姿を見送りました。 散策中だったでしょうに、きっどの突撃を見た他のファンの方達が、つぎつぎに先生のもとに集まっていました。すこし申し訳ない気持になりました。
「後ろにいた。。。」嫁の声がしました。
「荒俣宏さんが、”俺もまだまだだな”って顔してた。気が付いてた?」

・・・・・なに? ありゃまたせんせぃいい!?

全然気が付きませんでした。舞いあがって、周りが目に入らなかったのです。。。
帝都物語、読んでいましたとも。。。ええ、ええ。
オカルト界に荒俣ありですよ。ええ、ええ。 一言、ファンです。と言いたかったですとも。
俺って。。。一体。。。

のちに焼きあがった写真を見てびっくり。
水木先生をあれほど巨大に感じたのに、背丈はキッドほど。しかも、片腕を頭上に丸めて振り上げ、ほっ!のおどけた表情をされていました。
愚かなりきっど。このサービスにちっとも気づけませんでした。

先生とのツーショット写真という家宝を手に、我々は移住を再決意。
4年後、きっど夫婦は、米子市民として晴れて水木しげるロードを散策したのでした。
先生、本当にありがとうございました。

水木先生の思い出

やはり家宝ですから、お披露目はお絵かきソフトで。。。
終わります。

3/8は水木しげる先生 生誕の日(2)

続きます。

この秋、鳥取では、県をあげて「夢フェスタとっとり」なる文化祭を開催し、盛り上がりを見せておりました。
妖怪会議についても、この参加事業のひとつ「妖怪フェステイバル」に盛り込まれた目玉企画のようでした(おやじだけにw)。
そのため、JR境港駅から水木しげるロードまでのエリアが、オープニングセレモニーやパレードなどのメイン会場となり、すっかりお祭りの準備がととのっておりました。
空港から直行したきっど夫婦も、開始を待ち望むファンのかたたちに、やっと混ざることができました。

ところが天気はあいにくの強い雨。
駅横の開催セレモニー会場は未舗装の空き地に張られたテントのため浸水がありましたが、スタッフが排水作業を務められたおがげで、無事開催となりました。
贅沢にも、参加者にはパイプ椅子への着席を勧められました。
今でこそ年間ン百万人来場の観光地ですが、当時はまだ余裕があり、悠々椅子に座ってのセレモニー参加となりました。

式も、ほどなく佳境。
そのとき、尋常ではないオーラが舞台袖に漂った気がしました。
それを合図にしたかの如く、司会が来賓を紹介。
現れたのは。。。なななんと、京極夏彦先生。そして水木しげる御大そのひとでありました。

すごい!オープニングに来られるとは!会議は夜なのに!

壇上から参加者へにこやかに挨拶されています。 怪奇トップリーダーが間近にいると思うと舞い上がってしまい、写真を撮ることすら忘れるほどでした。

式は興奮のまま終了。
雨もほどなく小やみになり、やがて始まるパレードまで見物しようと、きっど夫婦は鑑賞ポイントを定めるべく会場をうろついておりました。

その時、またも尋常でないオーラが前方から迫っている気がしました。

ただ、前方には、仲のよさそうな家族連れが一組、ゆっくり散歩しているだけなのでした。

お年を召した夫婦に長身の男性が付き添い、楽しそうに散策されています。

でもまてよ。。。あのかたは。。。ま、ま、まさか

きっどは速足でその一行に近づいてゆきました。

(3)に続きます。


拍手ありがとうございました!
ページを渡ってまで。大変でしたでしょう(* ´ ▽ ` *)
とても励みになります!

続きを読む

3/8は水木しげる先生 生誕の日(1)

生誕のイベントは4日に開催。無事終了の報でしたが、きっどは光陽展出品と会社勤務で全くかかわることが出来ず、無念でした。

ブログでどこまで触れたか定かではありませんが、水木先生の存在が、きっどの鳥取県西部地区への移住に、大きく影響していたのは間違いありません。

先生の作品は、すでに小学校高学年のころには本棚にずらりと並んでいました。
(ソノラマ版での全巻揃えでしたが、)鬼太郎シリーズや、小学館の妖怪図鑑などは、きっどのようなムーディーさを嗜好とするお絵かき少年の宝物でした。

のちにTVなどからお姿を拝見。重大なハンデのもと大作を描かれていると知り、ますます敬愛の度が増しました。
東京近郊であれば可能な限り講演や収録に参加し、そのころには「怪奇死人帳」のような、幻想怪奇の本も棚を埋め尽くしていました。

~一方、鳥取移住を決意してから、その進展に希望が見えない時期が長く続きました。
なのでモチベーション堅持は不可欠で、一番の特効薬はやはり山陰旅行でした。
そんな、幾度目かの山陰の旅路で、とっておきの思い出をくださったのが、だれあろう水木しげる先生だったのです。

世界妖怪会議の存在を知ったのは、2000年に入ったころ。
どこかの地方都市で、古い告知ポスターをたまたま目にしたのがきっかけでした。
水木先生ご出演ということで、さっそく詳細を調べましたふが、情報が足りませんでした。ただ、そういうものがこの世にあって、機会を狙っていればきっと参加できるという希望だけは掴みました。

そして、2002年秋。水木しげるロードの、当時の動作の悪い(ごめんなさい)HPで、とうとう「世界妖怪会議・境港開催!」の記事をキャッチすることができました!

先生が、故郷境港 妖怪会議!

3重の喜びで小躍りしたほどでした。

早速、航空機チケットと休暇の取得。
ところが、近くで手ごろな宿が取れません。
金欠旅行ですが妻も伴いますので、なんとか安宿にねじ込んでもらえるよう代理店に頼みましたら、松江まで行けば入れるとのこと。
イベントは深夜まで続くことからレンタカーも込みとなり、金額的にはさほど安くはなりませんでした。。。

(2)に続きます

嗚呼、間に合わず。。。光陽展出品の憂うつ

とうとう残すところ、わずか1日。
あさっての午前には、作品集荷のトラックがやってきます。
油彩120号の大作。どうあがいても、制作の遅れは取り戻せません。

そうなんです。今年の上野の春の光陽展出品作は、〈完璧な〉未完成状態での出品となりそうです。

今までは何とか形にして、一般の方の鑑賞にも耐えられるよう頑張りましたが、今年は限界です~o(;△;)o。

それでも、山陰支部の集荷予定日を 「その日程では間に合いませんから、今年は断念します。徹夜続きで、もう眠ってしまいたいです。」 と駄々をこね (いやもうこれは本音でした。)、集荷日が伸びました。
その手前、死んでも出品しないと支部の皆さんに顔向けできません。

思えば、全くキャンバスに向かえない年でした。

5つの肩書きに忙殺され、地域奉仕や、作品貸し出しなどの周辺事業にもまんべんなく駆り出されました。
会社勤務においても人手不足で長時間拘束。厳冬期には雪が続き、満足に家に帰れない日が続きました。

ああ。。。俺って一体。。。

とまあ、悲観していてもしょうがない!

集荷にぶち込めばゆっくり布団で眠れるではないか!!!いまはこれがすべてだあぁ!!!

というわけで、大詰めでやや錯乱ぎみのレポートをお送りしました。

毎年、上野へは帰省をかねてお上りしますが、今年は光陽展会期のすぐ後にまた関東で用事があり、資金と休日の都合で見合わせる可能性が出てきました。どうしても日程調整できず、最終判断の時期も、同時に迫っております。

↓今年度の出品作チラ見せ致します。
  きっどが描写にこだわる「隙間」(←これについては、そのうち閉鎖記事を公開いたします)
  だけど、段段、時短に傾倒しているのが、自分でも許せない。。。神々の肖像なのに。。。
河原の草むら
 河原の草むらの葉です

河原石
 河原石です。
 時間の許す限り、タッチを重ねてゆきます。
プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!