FC2ブログ

山陰中海圏「ハコ」ロマン(1)

こんにちは。ぶらすたーきっどです。

ほんとに、やばいくらいプライベートがありません。
首都圏の緊急事態宣言も解除の兆しが見え隠れし、世の中一気に解放ムードに突入しそうですね。
物事、急に動き出すと、支えきれないシステムは多々あります。
きっどのような中年の、綱渡りのような暮らしもしかりです。
春の気配のごとく、緩やかな移ろいを願うばかりです。

建築家、菊竹清訓先生の本記事に、ようやく移ることができました。
現在、島根県立美術館にて開催中の「菊竹清訓 山陰と建築 展」を拝見してまいりました。

中海圏に点在する、個性的な菊竹建築。

レトロなのか先駆的なのか、いまいち判別しづらいものの、どこかワクワクするようなアンシンメトリーが魅力的な建物は、移住してほどなく目に留まるようになります。
お世辞にも建築過密都市とは言えない中海圏の、そのゆったりとした景観のなかで、ふと存在感を表している建物が、まさに「菊竹作品」だったりします。

相も変わらず建築については門外漢ですが、菊竹先生と山陰とのゆかりについて、拙いながらご紹介できればと思います。

菊竹 清訓 (きくたけ きよのり、1928年4月1日 - 2011年12月26日)先生は、いうまでもなく日本を代表する建築家、工学博士です。
1960~70年代にかけ 「メタボリズム」=新陳代謝する建築。といった、社会の変化や人口の成長に合わせて有機的に成長する建築を提案しました。
まさに、生き物のように最長してゆく「都市」の在り方も、この「メタボリズム」の考え方が基にあるような気がします。

きっども、山陰とご縁のある先生という認識が全くないころ、日本のあちこちで訪れていた有名な建物が、実は菊竹建築だったというものが多々あります。

・川崎市民ミュージアム
・江戸東京博物館
・東名 海老名SA
・吉野ヶ里歴史公園センター
・九州国立博物館

などが、実際に訪れた建物です。

また、父親世代の会話などで出てくる有名なものは
・大阪万博 エキスポタワー
・沖縄万博 アクアポリス
などが代表にあがると思います。

これだけでも、驚くべき建築経歴の先生なのですが、どういうご縁で、山陰の建築を手掛けられることになったのでしょうか?

続きます。

菊竹清訓 山陰と建築展 図録

菊竹清訓 山陰と建築展 図録チラ見せ



スポンサーサイト



山陰中海「ハコ」ロマンチック(プレ記事)

こんばんは。ぶらすたーきっどです。

怒涛のような2月、3月。

こうまで雑務で手が回らない早春も久しぶりです。
大したも用でもないくせに、半日立派に拘束される事案が、手帳にびっしり。
よく見ると、自粛の限界や反動で、弾けたい衝動にかられた周辺勢力に付き合わされているだけの感もあります。

たしかに例年であれば、春先のウキウキに突き動かされる時期でもあります。
でも、それはあくまで「例年」。
惑わされないようにしなくてはいけません。

ようやくといいますか。。。久しぶりにブログを構っております。
まだ、いろいろ整理もできてませんので、再び「プレ記事」から始めさせていただき、本記事へと移ろうと思います。

さて、まずはタイトルの「中海」について、山陰マメ知識です。
「なかうみ」「ちゅうかい」とは、両方の読みが可能の、鳥取県西部、島根県東部の県境に横たわる汽水湖の呼称です。
同時に、中海、宍道湖を一つの観光産業資源と考え、それに接する、5市7町村の自治体は「中海圏」という、県を超えた観光・経済パートナーシップを設けています。
そこだけ、比較的文化親和性のある、ユニークなエリアと言えます。

今回「ハコ」と表現させていただいたものは、ベタではありますが「建築物」のことです。
そして、この中海圏でも数々の建築を残された高名な建築家、故「菊竹清訓」先生の展覧会が、まさに宍道湖の岸辺で開催中でしたので、なんとか時間を割いて見に行ってまいりました!
なので、次回より、山陰、特に中海圏での菊竹先生の建築について綴ってゆこうと思います。

続きます!


追伸と余談

当記事と全然関係ありませんが、山陰のハコ。。。といえば、最強怪談の呼び声高い「コトリバコ」を連想される可能性も考えました((( ;゚Д゚)))
当ブログでも怪奇カテをがっつり用意しておりますので、いずれ綴れたらとも思います!

ちなみに、モデルとなった集落は、この中海圏に含まれて。。。。

迷路絵本作家による”復元時空”に唸る!(3)

続きです。

残念ながら、(というか、当然ながら)館内、写真NGとなっています。
それでも、この立体迷路だけは写真OKでしたので、拙いながらも掲載させていただきます。
香川元太郎の世界展 立体迷路

香川元太郎の世界展 立体迷路内 迷路絵「ヤマタノオロチ」
山陰ゆかりのヤマタノオロチがテーマの迷路絵


迷路内壁に香川先生の迷路絵が大写しになっています。立体迷路には迷わないものの、その迷路絵にいちいち「はまって」しまう仕掛けということです。
驚くのは、2階に展示されている原画を拝見した時です。原画はどれもほぼA3サイズほどですが、立体迷路内で1辺数メートルという壁画サイズに引き伸ばしても、クオリティが変わらないということです。

となると、きっどお目当ての城郭絵画の原図など、どうなってるのか!?
期待と困惑が去来します。

早速歴史考証イラストのコーナーに入室しました。
ずらりと、いわばお馴染みの香川テイストの歴史絵巻が広がっていました。
城郭絵画の精密さは心得えておりましたが、原画を見ると驚愕します。
お城の柱など「クレンザーでつけられた擦痕」に匹敵する細線で描かれているではありませんか!

お城の絵ばかりではありません。
様々な時代の日本を、上空から、まるでタイムマシンに乗って見学に来たかのような体験ができる、時代考証図が素晴らしいのです。
きっどが特に目を見張ったのが、移住前に暮らしていた鎌倉市の鳥観図。
鎌倉を象徴する、中世往時の姿を描いた鳥観図など、市街、河川、丘陵などを一望に配したなか、時代考証が生き生きと活写されています。

鎌倉市内でよく出くわした遺跡などが詳細に配されており、その遺跡同士どういう繋がりや意味合いがあったのか、よくわかります。
まさに時空間そのものの復元!このときばかりはグーグルアースなど安っぽく思えるほどです。

まったく素晴らしいものを拝見しました。
歴史考証関係の絵画は、まとめて見られる機会が少なく思いますので、歴史ファンならずとも、一度ご覧になられたらいかがでしょうか?
「アート」が持つ、深い可能性を感じることが出来ると思います。

図録がないとのことで今回のアート探訪には記念が残らず寂しいですが、代わりに城郭鳥観図の画集をゲットしました。
権利に考慮し、表紙+中身のチラ見せのみ、掲載いたします。
香川元太郎 日本の城 画集

香川元太郎の世界展は令和3年2月7日まで開催
↓詳しくは以下でも。
芦屋市立美術博物館HP;香川元太郎の世界展

↓香川元太郎先生、香川志織先生のHP
KAGAWA GALLERY

このとき、実は神戸大丸にも、御尊敬申し上げる洋画家先生の作品が来ていたので寄りました。
が、その記事はまたの機会に。

終わります。

迷路絵本作家による”復元時空”に唸る!(2)

続きです。

香川先生は、米子城の整備計画が本格的に進行する中、文化庁提出書類やPRのために、ご自身が描かれた米子城の復元鳥観図の使用を快くお認め下さった。といわれ、我々米子城応援団にとっての大恩人です。
もっぱら、そういった自治体の計画には、自身の主張を台頭させたい自称研究者や、自社のテンプレを使いたい開発業者が復元の主導に関わりたがるのですが、なにか思惑が透けて見える復元案には、自治体や我々応援団もなかなかときめかないものです。
その点、先生の復元鳥観図はいたって中立冷静でスマート。この事業計画の為に描かれたものではありませんが、大いに参考にできるような直球の視点で描かれており、我ら応援団としては本当にうれしく思いました。

そんな先生から自治体宛てに、今回の展覧会の案内が届き、米子城応援団の中でも香川先生筆頭ファンであるきっどにその報が入りました。

詳しくは省きますが、現在のコロナ禍で本来的な巡回展ができなくなっているとのことで、かえって貴重な展覧会となっており、当該禍感染予防に細心の注意を払いながら、出かけることを決意した次第なのです。

さて、芦屋市立美術博物館は、阪神本線芦谷駅の南側、伊勢町に所在しています。
海も近いということで起伏が少なく、公園や、保育・学校施設も多い、上品で静謐な住宅街のなかにありました。

裏手から敷地内に入ると、まず目に飛び込んできたのが、美術館カフェ。
地元の方が「今日は暖かい!」と話題にするほどうららかな日和でしたので、まずは米子~芦屋という長旅を癒すため、オープンテーブルに行き、お茶を頂きました。
見ると、カフェは「小出楢重」という、明治~昭和初期に活躍された洋画家の復元アトリエに併設されていました。
アトリエは見学可能ということで、興味深々で拝見しました。
高い天井に、優しい天窓の光源。レトロな調度。狭すぎず広すぎず明るすぎない、まさに絵描きの楽園。
ああ。。。画家にとっては、憧れのモダンアトリエ空間。
リアルでは、このような整然とした空間ではなかったでしょうが、こんなアトリエで是非描いてみたい。という憧れが沸き立ちます。

元気が戻りましたので、美術博物館へ入館しました。
平日の昼食どき少し前でしたので、来館者もまばらです。ソーシャルディスタンス確保には申し分ありません。
案内では、1階、2階の展示だそうです。
1階ホールには、一軒家くらいのサイズの立体迷路が組まれていました。
なかなか楽しそうです!

続きます。

香川元太郎の世界展チラシ

芦屋市立美術博物館エントランス
ミニ写真をどうぞ!

迷路絵本作家による”復元時空”に唸る!(1)

こんばんは。ぶらすたーきっどです。

唐突ですが「迷路絵本シリーズ」はご存じでしょうか?
乗り物や動物などの、緻密でリアルなイラストが画面いっぱいにちりばめられ、その間隙を縫うようにスタートからゴールへたどるパズル絵本なのですが、物語あり、隠し絵あり、描写体の勉強にもなるという盛沢山な絵本です。

その魅力的で個性的な絵画を描かれるのが、「香川元太郎」先生です。

香川先生は、この迷路絵本の第一人者でありますが、同時に「歴史考証」の絵画作家としてもご高名な方です。

城郭マニアなら、必ずその作品を目にしているのではないでしょうか?
在りし日の城郭の、その縄張りいっぱい描かれたパノラマのイラストを。
はては、精密極まりない、天守閣の断面図を。

これこそ、歴史研究者との考証を基盤にした「復元図」でもありながら、そこに迷路絵本のごとく生き生きとした時代の活写を盛り込んだ、見事な絵画作品なのです。
きっどが素晴らしいと感じるのはそれにとどまりません。
歴史研究には、利己や憧れが先に立ち、調査事実に冷静になれない場面にも出くわしますが、香川先生は余計な主観を交えず、デフォルメを極力排した真摯な絵画を描かれます。
その冷静なタッチによって逆に想像力を刺激され、見応えのあるパノラマ世界となって、絵画に没入してしまいます。

さて、その香川先生の作品展が、現在兵庫県芦屋市で開催されているということで、きっどは「芦屋市立美術博物館」に向かいました。

実は、香川先生は、我が町「米子城」の為に一肌脱いでくださったことがあります。
ご恩を感じるとともに、”風景画家きっど”としても大変御尊敬申し上げておりますので、原画をぜひ拝見したい一念でした。

続きます。

↓まずは地元のニュースから
香川元太郎の世界展;神戸新聞

プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!