FC2ブログ

糖が足りぬ!もっと糖を!!

こんばんは。ぶらすたーきっどです。

立春も過ぎ、例の疫病自粛自体、冬に置き去りにしたい欲求に駆られるのでしょうか?
なにやら、周辺もざわざわと動き始めてまいりました。

まず、お隣に住まう若旦那さまが、ご結婚されました。
この困難な局面を乗り越え掴んだ幸せは本物です。お幸せに!
(すみません。備忘録も兼ねますのでw)

きっども、東京展の出品準備に追われる中、地元美術会派の活動などと並行し、立春早々、絵画修復の仕事が舞い込んで来ました。
う~ん。なんでだろう??
慣れないことではありますが、技術の全てを尽くして対応いたします。

そんなこんなで、血糖値が下がりまくってしまい、ダイジョブかな?と思いつつも、甘いものをバリバリ食べて乗り越える日々が続いております。

以前にも書きましたが、甘いものが切れると、肘のあたりがフルフルする禁断症状が出ます。
BMIと相談しながら、可能な限り、甘いものと良好なおつき合いがしたいと思っています。

さて、山陰・島根には、(個人的には)無二の存在だと思っている、郷土菓子があります。

よく、物産店や郷土土産売り場などで、伝統菓子、郷土菓子などとして、「百ン年の伝統」。などのストーリーとともに置かれているお菓子が多く存在しますが、案外どれも既視感があり、「薄皮に白餡」とか「きな粉に求肥」とか、全国的にもポピュラーな素材とお味だったりします。(それはそれで、安定のおいしさなのですが・・)

ところが。島根県、出雲の西部、「出西」には
「なぜか昔から知っているような気がするのに、めったに口にすることができないと感じる」
まさしく無二でレトロな感じの、美味しい砂糖菓子があるのです。

それが「生姜糖」です。

よく、生姜スライスの砂糖漬けもそう呼んだりしますが、ここでご紹介したいものとは異なります。

溶かした白砂糖を、絶妙のタイミングで銅の型に流し込み、板の形に仕上げた至極素朴な菓子です。
一口サイズに割って口に放りこみ、まずはポリっとした歯ごたえを楽しみます。
と、その直後、砂糖の板がさっくりほどけて、混ざり気のない砂糖のうまさと、まろやかな生姜の風味が広がります。

ああ、幸福の甘さ。

なんでしょう?
手作りなので、そうそうどこでも大量に手に入るものではないのですが、大昔から知っているようなお味なのです。
特に、関東生まれのきっどには、とんとなじみがないはずです。
不思議ですね。

出雲周辺の物産店で取り扱ってます。
ネット通販もありますが、それなりにお時間の余裕が必要そうです。

全国に誇れるお菓子ですよ! ぜひお味見してください!

ちなみに案件ではありませんw

出西の來間屋生姜糖 レトロで魅力的なパッケージ

出西の來間屋生姜糖

↓お店の情報はこちら
來間屋生姜糖本舗HP
スポンサーサイト



出雲そば は、ふるさとの味?(3)

続きます。の前に。

16日、いよいよ全国で、新型コロナ~に基づく「緊急事態宣言」が発出されてしまいました。
初夏にかけてイベントの開催側に回っていたきっどは、事後対応に追われて右往左往。
作家の本分とは違う忙しさで、初春から翻弄されっぱなしです。
一刻も早く収束しますように。これ以上の被害が出ませんように。。。

タイトル記事の続きです。

移住後、晴れて本場出雲そばをいただきに回ったのは言うまでもありません。
当然、鳥取と島根の明確な分類(オイオイ。。。)も、すでに体に染み込み、出雲そばの産地は奥出雲地方一帯。などの地勢的なことも分かるようになっていました。
すでに記した通り、きっどが初めて食した出雲そば屋は米子市にある専門店でしたが、じつは米子市民はあまり出雲そばには興味がなく、ぽにょっと柔らかいうどんなどが、好みの主流だったりします。
そういう地元の事情なども全く分からなかった20数年も前に、たまたま「おいしい」とされた老舗に立ち寄れたのは、ほんとうに幸運だったと思います。

かなり以前ではありますが、きっどが初めて出雲そばを食した店に、米子市民として改めて行ってみることにしました。
本当のことを言うと、店の位置や、屋号などはほとんど忘れていました。
とはいえ、国道9号線沿いのそれらしき店は把握していました。市町村合併後に米子市となった場所にあり、きっどがツーリングで訪れたときは、まだ違う町名だったことをあらためて思いました。

駐車場に車を入れたとたん、ここの店に間違いないと確証します。
あそこにバイクを停めた。暖簾をくぐると、正面にカウンター。左手に増築したようなスペースがあり。。。
その増築したようなスペースの席で、船盛の天ざるをいただいたっけな。。

当時と同じ席、同じメニューをトレースしながら、あまり当時と変わりのないたたずまいにホッとします。
そばをいただきながら想うのは、鎌倉で仕事をしながら移住を誓い続けた、あのころです。
直前まで転職が伝えられなかった、当時の同僚の顔。 大船駅の喧騒。
故郷が入れ違ってしまったかのようなパラドクス的困惑とともに、出雲そばの味は20余年のきっどの時空を繋ぎます。

終わります!

いつも手元に出雲そば(乾そば)
出雲そばの乾そばも大変便利でおいしいです。
本場手打ちを扱う店のものが、道の駅で手に入りますので、ぜひどうぞ。
画像は最近お気に入りの 本田商店さんのおそば。乾そばなれど そば湯もおいしいです♪

出雲そば は、ふるさとの味?(2)

続きです。

出雲そばとの出会いは、きっどが初めて山陰を旅行で訪れた25年強ほども前の話。
食したのは、米子の国道沿いにある専門店でした。
当時は島根も鳥取も観念的には一緒で(まさに両県が使う自虐ネタw)、出雲の特産を米子で頂くことに他意はありませんでした。
本場でないにしても、さすが専門店。
山陰が誇る新鮮なイカのてんぷらを添えたざる蕎麦で、船盛に供されるスタイル。一口目で、ふわとろのイカの旨さ、歯ごたえと香り高い出雲そばのとりこになってしまいました。
郷里神奈川に帰ってもその味が忘れられません。
ですが、関東で一般的に供されるのは、つやと白さが売りの更科に近い蕎麦。
黒くて、ピンと張った出雲の蕎麦をガシガシ食べたくて、少々蕎麦ブルーになった時期もありました。

移住の決意を固め、出雲そばを我が家の食卓で!と一生懸命活動していたころ。勤めていた会社の同僚と外回り中、ふと通りがかった飯屋へ昼食に立ち寄りました。
「あっ!!」
”出雲そば”の小さな張紙があるじゃないですか!まさかここで食えるとは。念ずれば通ずとはこのこと!
貼り紙の前で凍り付いているきっどに、同僚が心配そうに問うてきます。「嫌か?」
「そんなことありません。出雲そばなんて珍しいですね。」
そのころすでに移住にむけ就活中で、(実際就職が叶うのは何年も後でしたが。。。)同僚にさとられないよう平静を装います。
この店は、鎌倉市大船駅西口、大船観音で有名な大船観音寺の門前近くにありました。
鎌倉の端っこから通勤していたきっどは、この大船駅でバスから湘南モノレールに乗り換えです。つまり、この駅は通勤コース上にあるということです。
ですが、食事に通うには微妙な場所となります。
結婚していたので、通勤時単独でこの店に寄ることはまあ無理筋です。
会社での昼食に使うには、モノレールで移動。今日みたいな外回りも稀で、これも無理筋です。
せっかく見つけたのに。。。
しかも、店に入り、写真付きのお品書きを見たきっどは更に落ち込みます。
昼食の予算で通常の2倍!割子3枚という本場の出し方ですが、量もみるからに足りません。
やっぱり、珍味扱いだったか。。。
その日は泣く泣く普通の定食で済ませました。

しかし、店は逃げない!
数日後の休日に、妻と連れ立ちこの店に再訪。
正直、米子で食した蕎麦にショックを受け過ぎ、この店の蕎麦が美味いのかそうでないかは分からなくなっていました。
それでも妻と二人で、これから日常的に味わうであろう蕎麦の味をかみしめ、店の外に出て大船観音さまにお参りしました。
「どうか移住が叶いますように。」
境内を下ると、横須賀線と、湘南モノレール、神奈中ほか路線バスが行き来する大船駅。そして背後に大きな観音像。
決して嫌いでなかった鎌倉の日常の光景と、そのなかで味わう憧れの新天地の味。
少しだけメローな故郷での一コマが、今も胸に焼き付いています。
出雲そばは、きっどにとって2つの故郷の味なのです。

続きます。

出雲そば は、ふるさとの味?(1)

こんばんは。ぶらすたーきっどです。

国内、はやり病で混迷の状態に突入しておりますね。
両親含め、親類一同、中央に在住しているので心配です。早く収まりますように。。。
そして、罹患された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

きっども、4月に東京都美術館で開催される、「光陽展」の例年の参列を断念いたしました。
おかげさまで、出品作が大きな賞を受賞いたしましたが、タイミング悪く別の体調不良で通院が始まったため、主だった祝賀イベントも中止されるなか、無理をしないでおこうという判断をいたしました。

幸い、現時点で鳥取県内で、例の病の発症は確認できておりませんが、
先日のニュースを見ますと「疎開」として、中央から鳥取へ避難してこられる方々が増えているそうです、、、
普段はひどく過疎な目にあっているのに、このような事由から脚光を浴びるとは、なんとも複雑です。
鳥取も、過疎でたまたま流行が遅れているに過ぎず、やってこられる方々が抱くクリーンなイメージは幻想です。
こちらへ来られたみなさま。わが過疎地へ移動したところで、リスクは呪いのように憑いてきます。危機意識を弱めることなく、この国難を共に乗り切りましょう。

さて、タイトル記事に移らせていただきます。

「出雲そば」は、その名の通り、出雲地方特有の日本蕎麦です。
日本三大蕎麦に数えられ、個人的には最高位に置かざるを得ないほど好きなお蕎麦です。
関東出身のきっどの故郷の味が、なぜ出雲の郷土食になるのか?
それは、決してロマンティックな文学表現などではありません。

山陰への移住計画が思うようにいかず、めげそうになったり、、投げやりになったり、、、
そんな時、一番心に染みて、励ましてくれて、元気をくれるものは何だったでしょう。。。
きっどの場合、それは「食」でした。
山陰で(または、山陰をテーマにした、中央で)開催されるイベントに積極参加するのも、移住への重要なモチベーション維持につながりました。でもそれは、開催時期に都合を合わせるという膨大な手間がかかる上、予算オーバーの憂き目にも度々遭いました。
でも、「食」は違いました。
いつもそれは近くに置くことができ、手軽で、温かい、、、。
山陰のおいしいものが食卓に出る。。。それを日常の光景にしたい!
本能にかかわる強烈なモチベの一つとして、「食」は君臨していたのです。

続きます。

新年は、あったか~い 小豆ぜんざいから!!

明けましておめでとうございます。本年も、よろしくお願いいたします。

特に思うところのない新年。
大作の締め切りが刻々迫るなか、新年の儀式を粛々とこなし、夜は会社員として勤務に励みます。

山陰ならではのお正月。のひとつ、お雑煮にあたる椀物が、”ぜんざい”であることは、なにかとご存知のかたも多いと思います。

関東生まれのきっどは、さぞやキツイお正月になるかと思いきや。

これが断然美味しいの(^-^)v!!


知り合いの方が、おすそ分けしてくださるお餅を使います。
厳選のもち米を使った、絹のような歯ざわりのお餅!!

餡は、お菓子屋が作った地元産小豆の粒あんこパックを使い、米子の水と、山陰のお酒で溶いてアツアツを作っておきます。

双方合わせて、極上のぜんざい完成です。

おもちは焼きません。火事にあわないよう縁起をかつぐためで、冷えたものはレンチンします。

こちらの甘味は、塩味を感じない爽やかなもので、おせちと良く合って、おいしいです。

今年も、無事ぜんざいを頂けたことに感謝です!
プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!