FC2ブログ

スローライフって何だろ?無人島生活はやだな。

先日、鳥取東部から兵庫県に入り、取材のため中国山地の美景を色々見てきました。

今回これがメインの記事ではないのですが、兵庫県宍粟市の渓谷など周り、大変よい場所を見つけたと感激いたしました。

帰って早速ネット等で取材成果などをまとめていると、ふと、リノベーション住宅の情報が目に留まりました。

「兵庫県宍粟市の6DK! 土間つき、縁側つき。そこから田や山を望み~遮るものなし。庭石を配したいじれる庭付きで、お値段
280万円!! のんびりスローライフを満喫!」 だって!?

えええっ!
ちょっと、、、すばらし過ぎませんか!?

恐らく、元は旧家だったのでしょう。多少、要追加リフォームとなっていますが、現況写真は見事な近代化が施されています。

すっ、住みたい!。。。頑張れば買える。。。買える。。。買える。。。
憧れのスローライフ。。。スローライフ。。。スローライフ。。。

いやいや!!(((ノ´□`)ノ。冷静になりましょう。

きっどが関東から移る際、同じような夢想を抱いて米子へやって来ました。
ここを足がかりに、スローな暮らしにシフトしてゆくつもりでしたが、実際は、人材・後継者不足のコミューンの中にあって、賃金も少なく、中央に住んでいたころの倍は働かなくてはなりません。
一体全体、どうしたらスローライフなど送れるのか?などと考えることすら忙殺されてしまいます。

ただ、先般記した無人島記ではないですが、何の誰とも接触のない、ひたすら閑散とした毎日が過ごせるのか?と考えると、それも自信がありません。
 「それこそスローライフさ!」と言えるほど達観もできていないので、やはり「緩・急」のある暮らしのほうが、「緩」を、より味わうことができて良いでしょうね。 そういうことでは「緩」の豊かさは山陰で手に入りましたので、移住の大きな恵みだったと思います。

最終的には憧れますよね。。。大草原の一軒家。みたいな。。
でもなんで、憧れるのだろ? 
ここまで書いても、上手く説明できない事案のひとつですよね(;^_^A ?
スポンサーサイト



更新年。。資格よ、君とも長い付き合いだ。(2)

「資格は重たいものではない」のとおり、持っているに越したことはないのでしょうが、もはやこの地で役立つこともなく、更新するべきかどうか悩むに至っています。

移住にあたり、就職という大難関を突破する際、資格は守護神であり、こころの支えであり、希望でもありました。

縁もゆかりもない地へ住まうとき、種々仕事にまつわる資格証は、運転免許証に勝るほど人格を保障してくれる存在でした。

結果的にその資格を生かせる職業に就くことは叶いませんでしたが、苦楽を共にした肩書きのひとつですので、更新をあきらめることが簡単でないことがお分かりいただけるとうれしいです。


地方企業へ資格を頼りに就職を果たす(縁やコネもない)場合、ツーランクくらい上の資格を持って挑まれることをお勧めします。
例えばですが、土木系の企業であれば、重機の免許だけというより、施工管理なども。という具合です。
それほどに、地方で希望に叶った企業に就職することは困難なことです。
どんな業種でも、どんな賃金でも。。という形で選んでも、移住者そのものに身構えてしまう企業もあります。

ただ、移住を期に今までのアイデンティティーをリセットしてしまうのもアリと思っています。
しがらみを整理し、なりたかった自分へ転身する絶好の機会でもあります。
そのしがらみのひとつが、資格証である場合も、なきにしもあらずです  (v^-^v)

↓SXFに興味のあるかた
オープンCADフォーマット評議会

↓知り合いが窓口にいます
米子市移住相談

更新年。。資格よ、君とも長い付き合いだ。(1)

きっどは、郷里では測量技術者として測量会社に勤務しておりました。

公共、地積、設計と一通り関わらせていただきましたが、移住先では測量会社そのものが存在せず、仮にコンサルなどの一部門に空席があっても、当該求人をクリアするのは相当のハードルの高さです。

移住前。測量業界では、すでにITの進歩により、光学機器による現場作業は過去のものになりつつあり、中小測量会社は改革を迫られていました。
その状況下、地積にまつわる仕事など、地権者の方々の生活や人生にまで踏み込んで折衝を繰り返す、因果な仕事ばかりこなしていました。

そのなかで、きっどは新しく設定された測量設計にまつわる資格、「SXF技術者」なるものを社命で取得しました

聞きなれない資格でしょう?
当時期より、公共測量設計は、その作成成果をより汎用化させたいと、CDデータに収めて役所へ納品することが要領で定められました。
その図面データのフォーマットのひとつがSXFという仕様。
設計ソフトを開発するベンダー達が、成果の信頼性を保障するため生み出したのがこの資格であり、国家資格ではないものの、有資格者による納品物は国交省の要領を満たした品質である。と解釈されます。

ま、訳分からんでしょうが、公共事業入札に有利な資格といえます。

きっどはこの資格のスターティングメンバーであり、比較的高めの合格率で取得出来ました。
(ちかごろは、メーカーの人間も落ちるらしいのだが(・・;)

日進月歩のこの世界。今年がその更新年にあたるとの通知が届きました。

(2)に続きます。


切実なる お葬式ターン!

親類が亡くなったので、郷里方面へ帰省してきました。

きっど家筋でない故人とは、法事でごくまれにお顔を拝見するだけの間柄で、親類といえど遠い存在でしたが、斎場でお孫さんの別れの言葉を聞いているうちショックが効いて来て、涙がこみ上げてきました。

さて、郷里方面と書いたのは、故人・遺族の所在へは、羽田からさらに新幹線で1時間移動するためなのですが、、、

ここで、移住者の皆様。。。特に、主要な御身内を郷里に残されている皆様。
イザというときの郷里への帰還について、色々シミュレートされていますでしょうか?

きっどの場合、まず時短について航空機に敵う物はありませんので、緊急時は選択肢がありません。
が、地方路線に決して優しくない価格設定でありますので、割引の受けられない緊急チケット購入の際、そもそもの備蓄がないとチケットの購入自体できない可能性もあります。。。
参考に、米子ー羽田の航空運賃は、飛び込みで片道3万2~3千円。×人数となります。これは夫婦片道で、戸建て3DKの我が家の家賃+光熱費に匹敵します。

閉鎖ブログに厭味たらたらで書いたこともありますが、移住とは、そもそも生活に余裕のある方の「娯楽」と断じかけた所以でもあります。
平均所得が低い地方では、全国価格はこたえます。今回のきっどの場合、、航空機、新幹線、ご霊前、雑費など、日帰り1日で月の給料を使い果たしました。

とはいえ、大切な方とのお別れですので何者にも代えられません。
ネットでは各種緊急時に安く購入する情報も出ておりますが、後悔しないためにも埋蔵金は常に用意しておくべきと心得ます。

近年、移住の斡旋に力が入る自治体ですが、たまさかの帰省についてもぜひ言及願います。
郷里との今生の別れになるなら、誰もが移住に二の足を踏んでしまいます。



プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!