FC2ブログ

晴明・道満~謎の赤碕塔(4)

続きです。

記事の冒頭に述べた、修験者達が、陰陽師をリスペクトするという図式は、正史としての解釈が難しい面もあろうかと思いますが、畏怖すべき大自然の霊力をもって人々の暮らしに寄与するという共通点で、研究者でもない我々一般人にはごく普通に・・・ストンと腑に落ちるものです。
彼ら修験者たちにとっても、この塔が建立されたと考えられる鎌倉時代ごろになれば、開祖・末裔にかかわらず畏敬の念を抱き、供養が欠かせない存在であったと思うのです。

この一連の調査成果を、小谷先生は「正史の究明」に重きを置かず、「このロマンチックな歴史ミステリーを、地域で共有し、顕彰、あるいは、街の魅力として発信することに注力すべき。」という姿勢を強調しているように伺えます。
「指定文化財」という、ガードフェンスを設けたことで、街に溶け込んでいた、本来伝え続けなければいけないことが、おざなりになっていたことは事実です。
修験道。陰陽道。そして安倍晴明。
これらは今でもミステリアスな響きをもち、歴史という知的好奇心を揺さぶって止みません。
これからも、このミステリーそのものを顕彰し続けられるよう、我々も協力したいと思います。

あらためて、琴浦町赤碕の一角にそびえる謎の塔、「赤碕塔」の前に立つと、まるでそこから1300年前の風が吹いてくるかのようでした。

終わります。

赤碕塔 琴浦町花見潟墓地所在
赤碕塔 塔身が円筒形で、宝篋印塔のようだが、宝塔に近い形状をしている。

赤碕塔 日本海を背に立つ
日本海を背に立つ赤碕塔 潮風による浸蝕が深刻だが、長い年月を耐え抜いた風格でもある。

ご興味があれば、ぜひ訪れてみてください!

↓赤碕塔の情報はこちらからも
花見潟墓地・赤碕塔 ;琴浦町観光協会
安倍晴明と山伏 ;琴浦町HP

↓また、めずらしい、地域名のついた石塔の研究の一端はこちら
身近な文化財~石造文化財について~ ;別府大学地域連携プログラム
国東塔 ;ウィキペディア
スポンサーサイト



晴明・道満~謎の赤碕塔(3)

続きです。

その郷土史の先生とは、琴浦町の河本家住宅(国指定重要文化財)保存会会長でもある小谷惠造さん。
小谷先生は、「この赤碕塔は、安倍晴明の、そしてすぐ近くに建つもう一回り小さい塔が、蘆屋道満の、それぞれの供養塔である。」という、研究成果を唱え続けられてきました。

ここより、きっどの咀嚼を交えて綴ります。引用オリジナルは、下記リンクに記します。
この説の見出しとなるもの自体、そもそも江戸時代の観光案内「伯陽六社道の記」や「伯路紀」、または明治時代の郷土誌に「晴明・道満の墓」などとされる記述が残っており、「そうなのかな?」という伝承は昔からあったということです。
ところが、宝塔そのものに何ら記載が残っていないこと、また、この宝塔を初期に調査、同定を試みた研究者が「石造美術」の学者であったことから、この石塔の持つ本来の意味にバイアスがかかった状態で今日に遺った。そんなことからこの宝塔の正体を伝承しきれないところがあったのでは。。と、小谷先生は推察されます。

たしかに、石造美術の学者により、この石塔は同時代の北九州エリアで造立が盛んであった宝塔に近似していることが判明し、「赤碕塔」と命名。独自性があると評価され、指定文化財となるなどの科学的考察から、のちの文化価値付与に成功しました。しかし、そのため、精神的な伝承が二の次になってしまった向きはあると思います。
そんな精神的な伝承まで含め小谷先生が重要視するのが、なぜここに「安倍晴明」「蘆屋道満」両雄の供養塔があるのか。という点にあると思います。

琴浦町という、歴史的継続性が高いエリアで紐づけて考えると、まずは山岳仏教の強い勢力下にあった「船上山」の存在を忘れてはなりません。
船上山は、大山寺と峰を連ねることから修験者の修行場であったことが分かっており、事実、この塔の付近に「山伏松」と呼ばれる古木と「発菩提心」と彫られる石碑があることから、この周辺に山伏が滞在していたことは、ほぼ間違いないと考えられます。
加えて、平安時代に伯耆国八橋(現、琴浦町の中心的市街地)出身の陰陽師・「春苑宿祢」が存在していたことが、「続日本後記」に記録されているそうです。

そういった、所謂、状況証拠を積み上げてゆくと、この琴浦町は広大な霊場であり、かつ修験道のメッカであったことが推察できます。
修験者達は、「春苑宿祢」や陰陽師のヒーロー「安部晴明」、そのライバル「蘆屋道満」をリスペクトし、供養塔を建立。霊力にあやかるシンボルにしていたとしても、おかしくありません。

続きます。

小谷恵造先生のコラム ;鳥取いきいきシニアバンク生涯現役

令和2年9月25日付け日本海新聞 「実は安部清明供養塔」 --→ウエブ記事なし

晴明・道満~謎の赤碕塔(2)

続きです。

まずは、その文化財が所在する「花見潟墓地」について記そうと思います。

花見潟墓地は、それ自体が、全国的にみても希少な存在であると申し上げなくてはなりません。

鳥取県東伯郡琴浦町。ここは後醍醐天皇ゆかりの船上山を擁する、日本海に面した風光明媚な町です。
この、日本海に面する海岸線の一角に、西日本最大級とうたわれる自然発生墓地「花見潟墓地」が広がります。
墓石数は2万基といわれ、長辺である東西方向は約350m、面積は2万平方メートルを誇ります。
高台から眺めると、海岸の波打ち際まで迫るほどの墓域の広さに、圧倒されてしまいます。
これだけの広大な墓地なのですが、発生した時期はいまだ不明ということです。
ただ、墓域を象徴するもう一つの文化財、「赤碕殿塚」、という慰霊碑の碑文は、中世鎌倉時代に触れるといいますから、そのころには墓地としての機能を有していたと考えられるそうです。(現存は19世紀に再建されたもの。赤碕殿は、後醍醐天皇と戦った、北条側の武将です。)

これだけの歴史とミステリーに彩られた花見潟墓地ですが、そのミステリーをさらに重層的かつ奥深くしているものが、今回新聞で取り上げられた「赤碕塔」の謎。と言えるでしょう。

「赤碕塔」の概略を記しておきます。
花見潟墓地の東側駐車場にやや近い場所に、ひときわ大きい宝篋印塔という形態の石塔が建てられています。
これが「赤碕塔」と呼ばれるもので、潮風にさらされ、歴史を感じる風合いを纏っています。
宝篋印塔は鎌倉時代に造立が盛んになった、墓石、あるいは供養塔とされ、形式などから考古学上の重要な資料となるのですが、もともと赤碕塔とは、なぜかこの地域に集中的に見られる独特な形状を有しているものの総称です。
現在は、この花見潟墓地に立つものが象徴的に「赤碕塔」と呼ばれ、県指定文化財となっています。
なのですが、なぜひときわ大きい宝篋印塔がここにあるのか。
誰にもそのいわれが分からないままになっておりました。

そんな、町史では触れられない、この巨大な赤碕塔のいわれに、大胆かつ新たな説を吹き込まんとする、ベテラン郷土史家がおられたのです。

続きます。

琴浦町 花見潟墓地

花見潟墓地の俯瞰。
パワースポットとしての知名度が先立つが、絶好の夕日のロケーションポイントでもあります。
お盆には灯篭がともされ、その群光が幻想的な夜景を生み出します。

・花見潟墓地の情報はこちらでも↓
花見潟墓地;鳥取県観光連盟
琴浦町観光協会

晴明・道満~謎の赤碕塔(1)

~わが名は加藤保憲。古代の陰陽師 役小角、安倍晴明らの末裔・・・・我を崇めよ・・・!

ということで、全国の安部晴明ファンの方々、申し訳ありません。ぶらすたーきっどです。

今回は「安倍晴明」を扱おうというのに、お恥ずかしい。。きっどが、そらで扱える知識は↑こんなものでございます。

陰陽師、安倍晴明については本当に知る機会がなく、荒俣宏著「帝都物語」で、ダークヒーロー加藤保憲の出自で触れられ、始めて知った次第です。
当然、オカルト好きでありますから、今に生きる秘儀・まじないなどを本屋の棚で知ることもありましたが、複雑な歴史に紐づけられるこれら陰陽術の類は、理解できるまで時間を要したことになります。

さて、冒頭のセリフは、映画番宣で加藤保憲が見得を切ったときのものです。
この時、役小角の名前も登場するのですが、頭の悪いきっどには、役小角と陰陽師の関係が、いまいち理解できないままです。(帝都物語にそのくだりがあったか調べたかったのですが、移住断捨離の的になった覚えがあります。)
まず、双方、活躍した時代が異なります。
また、役小角は、山野を舞台にした法力の使い手。片や晴明は、朝廷に仕える卜占師。ランボーと007ほどのイメージ差がぬぐえません。

フィクションを交えることを前提に言える共通点があるとすれば、双方怪しげな術を駆使するところでしょうか?
有名どころで言えば、鬼を使役することが出来た。また、超自然的パワーを操ることができた。などがあると思います。
歴史家さんの、「かもしれない話」を聞くと、もっともらしい共通点として。「賀茂氏」の存在があげられるといいます。
役小角の出自、そして、平安時代の陰陽寮を司どった、共通の一族が「賀茂氏」。晴明の師匠が、賀茂姓だとされます。
ですが、いかんせん大昔の資料から怪しいエピソードを交えながらの読み解きとなるのでしょうから、確かなことがわかるのは、まだまだ先となるのかもしれません。

さあ、そんな陰陽師の発生に迫る(かもしれない・・・?)文化財が、我が鳥取県に残っている。。。などという、なかなかのミステリーを内包したニュースが、先日の新聞に掲載されていましたのでご紹介いたします。

その文化財とは「花見潟墓地の赤碕塔」です。

続きます。

測地レジェンド伊能忠敬、米子に呆れる。(4)

続きです。

と、まあ、昔の郷土に色々呆れたり突っ込んだりしましたが、続く第8次測量の際には、手厚くもてなしたということなので、忠敬も「やれやれ」と緊張を解いて仕事をしてくれたものと信じます。

さて、色々奥深くて、魅力ある地図の世界です。
その歴史をたどるだけでも、深くて魅惑的な扉が開いてしまいますので、このブログではほどほどにいたします。
伊能図中図 米子と周辺
~きっど所蔵の武楊堂伊能図より 米子周辺の中図~

最後に、きっどが個人的に凄いと感じた日本古地図を、備忘録的に記して終わりたいと思います。

享保日本図(松浦静山識日本興地図)
福山市の草戸千軒ミュージアムが、個人からの委託で保管している古地図で、なんと、あの徳川吉宗の命で作られたものだそうです。
伊能忠敬没後200年記念の企画展で、きっどは初めて本物を見ることとなりました。
吉宗は、平たく言えば科学的見地からも物事を見ることが出来た将軍様で、それまでの地図の違和感を、測量の基礎にのっとって修正させた地図なのだそうです。
博物館の調査の結果、本物の原図であろうという結論になりましたが、それは、平戸藩主松浦静山により書かれた識語の高い信ぴょう性や、基準点などの元始情報の文書記録と図面が一致している。などが挙げられるそうです。
原図ですので、吉宗が直接見ているかはわかりませんが、なんかワクワクしますよね。
きっどの住まう、鳥取・大山周辺の地図を、パンフの画像から引用してみました。
大山にビビビと側線が引かれていて美しいです。目標からの角度が、この測量図の命です。

↓伊能図のように、実際に歩いた図ではないのに、この日本らしさは見事です!
草戸千軒ミュージアムの企画展より 享保日本図と中国地方


日本輿地路程全図(赤水図)
去年の今頃、何かのニュースで、偶然知りました。
江戸時代の地理学者 長久保赤水が、全国を歩きながら収集した情報を編集して作った地図だそうです。
これも、実際に測ったものではない。ということが驚愕です。
伊能図が完成する42年も前にこのポテンシャルのものがあったことに驚きます。機密であった伊能図と異なり、赤水図は明治期まで広く使われていました。頷けます。
いや~。まず、伊能図ありきで測量に興味をもったきっどには、盲点的な勉強不足でした。。。
山陰に住まうものとしては、竹島の図示があるということが、大きな興味を引くところです。
企画展などはすでに過去のものしか情報がありませんが、機会があれば、ぜひ実物を拝見したいと思います。

↓手元に資料がありませんので、リンクのみ上げさせていただきます。
長久保赤水 ウィキペディア

それでは終わります。

↓その他の 引用・リンクはこちらです。
享保日本図 ウィキペディア
守屋寿コレクション ウィキペディア
プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!