FC2ブログ

日御碕灯台特別公開!

灯台の日は11月1日ですが、おそらく祝日にあわせたのでしょう。3日は日御碕灯台の特別公開日と日本海新聞にあり、行ってきました。

日御碕灯台は、色々思い入れの強い灯台。
2012年~、大作のモチーフとして何度も通って、(時に車中泊もして)構図を求めた場所です。
2013には有形文化財登録を果たし、絵も公募展で受賞のダブルハッピー。2015には絵を日御碕コミュニティセンターへ展示させてもらったりしました。

当日。夜勤明けで朦朧としたまま、とりあえず5日の米子のイベント準備の手伝い。
わりとすぐ開放されましたので、嫁の運転で日御碕へ向かいました。

特別公開とありましたが、公開はデフォルトですので「どんな特別が?~」と思ってましたが、今日は入館無料!第八管区の海保隊員がグッズなどを配ってくれました。

灯台は相変わらずすばらしいのですが、今回見れて嬉しかったのが海側の石塀!
今まで保存工事でその全貌が見れなかったのですが、真っ白に復元された石塀が、青い海に映えてとても良かった!

新しい展示資料室も完成していて、見学。
ビデオのクイズに間違え、全館にとどろく「ブー」を放ってしまいました。

ここでの昼食も楽しみの一つ。

日御碕神社へ向かう遊歩道の入り口に、「うに丼」を出す食堂があります。「うに」はここでしか食べることができないのですが、これがまた絶品!
青森や壱岐、知床など「うに」の名産地では必ず食べてきましたが、日御碕の「うに」は、きっど的には1位。
くどさや臭みのない上質なおいしさです!

てなわけで、もっとゆっくりしていたいのですが、15日から、病院での絵画展示が控えており、作品増産が急がれる最中。。。一刻も早く帰って、制作を続けます。

その話はまた後日にでも。


IMG_4657.jpg
スポンサーサイト



美協展終了!だが苦闘は続く!

火曜日。おかげさまで米子美術館における展覧会は無事閉幕。

遺作展同時開催の重圧があり、展示は大変でしたが、会派を超えた当団体の展覧会は、たくさんの美術好きが足を運んでくださりうれしいです。本当にありがとうございました!

で、その幹事役の終了をまって、引き続き取り組む事業が、米子城関連イベント。

きっど制作のペーパークラフト配布が正式に決まりましたので、キット作りの監修に入らなければいけません。

なけなしの予算が付き、主催が厚紙などの材料を購入。
本日さっそく主催側が部品図をためし刷り。。。。。のはずが

「プ。。プリンタがPDFに応答せず刷れません!」

でた~!
定番パソコン動きません攻撃!!!


プロジェクタ使えば「映りません」
メール送れば「着きません」  てか。

どんだけの科学技術だよパソコン!!

いやな予感。結局一日付き合わされるんじゃないか。。。(TwT。)

やっと刷り上ったものを見せてもらえば、
「妙な縮小かかってるし!!!」

おそらく、用紙にあわせてフィットするような設定のままなのだろう。。。。

リードミーに、あれだけうるさく用紙カラー設定に注意するよう書いておいたのに。
アーチストの心、事務方知らず。

とりあえず、らちがあかないので、明日、印刷行程を指南しに主催へ出向くことになりました。

明日は、楽しみにしてた日御碕灯台のガイド見学の日なのに。。。。。
早く終わるといいな。。。。

米子城イベントまであと3日。とりあえずやるしかない!!
皆さん11月5日、米子城に遊びに来てくださいね!!ペパクラもらえるかも!!

米子城ペパクラ。~表紙(部分)初公開~!

米子城ペパクラ

美協展開催 よかった!熱出てない!

あ~あ。疲れがでてしまった! 展示作業の後、どうにものどが痛いと思ったら、のどチ○コと、その両サイドが完熟トマトみたいに腫れてる~。。。血が溜まってるよ。。。
不眠で、仕事と展覧会準備に追われてたからな~

薬と大量のビタミン剤を摂取。恐る恐る迎えた朝。。。
よかった!~とりあえず熱は出てないぞ!!!

展覧会初日!
初日=週末の平日。市長などの要人や、取材などが来る可能性大。朝一番の受付は、事務局長としてきっちりこなしたいところ。

昼まで在館し、その後は松江に。
光陽会の島根メンバーで結成した、「光橙会」の小品展が開催されていて、締め切り間近。
駆け込みで見て来れました。

普段大作しかお目にかかれないメンバーの小品展。
小さな画面にそれぞれのの世界観を維持しつつ、新たに盛り込まれた視点が魅力的。
良かったです!

ちょっとへこたれていましたが、仲間の頑張りを見て奮い立ちました(^○^)/
ここの仲間とは、また春にむけ切磋琢磨!
光陽展でお会いしましょう!


THE 弱音!

前回は興奮してすみませんでした。

議員の方々。資金の管理も大事ですが、ぜひ、将来の郷土のことを思い、自ら何かを成し遂げ、残していってください。
任期を無難にこなすだけで、レガシーを残さなくていいんですか?
ぜひ、あなた自身で文化というものを体現してみてください。お願いいたします。

さて、今月28日より、いよいよ米子美術家協会展開催です。
私の事務局仕事も佳境。
会社も忙しく、もう何がなんだか掌握できません。
今も、印刷物に抜けがみつかり、勤務中こっそり手書きで修正中です。(校正ミスで言い訳できない・・・)

ほかにも失念事項がたっぷりありますので、もうこの場であやまっときます!ごめんなさいm(_ _"m)

明日は、作品120号を車の屋根に積み、美術館へ搬入。そのあとは特別展の搬入、飾りつけ、飲み会!
一日しごとですね~。

今もなんとなく微熱があるな~。

ひと段落着いたら、寝込もう!うん。そうしよう!!

前田進先生を偲ぶ会

米子美術家協会も、昭和22年創立より、来年で70周年を迎えます。
その創立メンバーにして中心人物であった 前田 進 画伯が、今年6月逝去されました。
亡くなる直前まで市内の美術展のお仕事をこなされており、まさかの報に関連美術団体に走った衝撃は、いまだ弱まってはおりません。
その前田画伯を偲ぶ会が、8日、盛大に行われ、参加してまいりました。

きっどは、米子に来て10年、美術に携わり8年の、けしつぶの様な者ですので、氏の業績について正しく掌握しておりませんが、さわりだけ記してもそのパワーに圧倒されます。

戦後間もないころ、消沈したふるさとに潤いと希望を与えたい。と、県西部の高名な美術家とともに展覧会を開催。直後に前田寛治の遺作展を催すべく苦労の末米子に作品を輸送し展示するなど、戦後の沈んだ空気を吹き飛ばすかのような、見事な美術展を成功させました。
また、美術家協会のように、個々を重んじ、事あれば結集するという全国的にも珍しい団体を創立。地域文化の下支えを築き、今でも、文化祭、海外交流展などで存在感を示しております。

個々の力を呼び寄せ、より強い力として打ち出すことができる方だったと存じます。

日々の暮らしにやつれ、折れそうな心の添え木として絵を描く、きっどのような絵描きとは根源が違います。
それでも、会に暖かく向かい入れてくださいました。
巨星から学ぶべきが多くあったはずですが、遅きに失してしまいました。

ご冥福をお祈りします。







プロフィール

ぶらすたーきっど

Author:ぶらすたーきっど
FC2ブログへようこそ!
~過疎をいいことに、好きに書いています~
こんなブログですが、良いご縁がありますように。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
いらしたかた
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
1865位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
144位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
押して応援してやってください!
フリーエリア
ジャンル追加致しました。こちらでも応援いただければ嬉しいです!